現役高校英語教師「高校生の英語教科書にもっと『プレゼンテーション』を。」


現役英語教師が「教科書にもっと盛り込んで欲しいと思うスキル」は、高校では「プレゼンテーション」、中学では「フォニックス」が2年連続でトップとなりました。
 
高校英語01
 
この結果は英会話教室イーオンが現役教師283名を対象に行った「中高における英語教育実態調査2015」によるもの。2位以下は「ディスカッション」「スピーチ」と続き、話すスキルに対する項目が並びます。
 
同調査では、大学受験の英語科目で外部試験を導入する案件についても質問されました。結果は、中高とも約7割が「賛成」。導入にふさわしい試験は高校では2年連続でTOEFL(r)がトップに、中学では英検がTOEFLを大きく上回り1位となりました。
 
教鞭をとる教師自身が、ますます実践的な英語教育効果を求めていることが伺えます。
 
(留学プレス編集部)
 
《More from 留学プレス》
■ 2016年1月から始まる『TOEIC(R) Speaking公開テスト』ってどんなもの?
■ 日本のグローバル化推進と定着のキーパーソンとは?
■ 「苦手つぶし」よりも「得意伸ばし」を
■ 国際人に推薦、3つの無料アプリ
■ あなたが海外生活をすべきたったひとつの理由
 
NOW OPEN!

 


関連記事