学生が多国籍チームでアジアの村でイノベーション創出。金沢工業大学「ラーニングエクスプレス」とは?


学生が多国籍チームを組み、アジアの村におけるイノベーション創出に取り組むというプロジェクトに取り組んでいる大学がある。
 
インドネシア_国旗
金沢工業大学が取り組むグローバル人材育成プログラム「ラーニングエクスプレス」は2015年9月5日から20日までの16日間、インドネシアのジョグジャカルタで行われている。
 
「ラーニングエクスプレス」は技術者教育の世界標準である「CDIO」(Conceive、Design、Implement、Operate)加盟校であるシンガポール理工学院、金沢工業大学、金沢工業高等専門学校の3校が協働して行う国際的なソーシャルイノベーションプロジェクト。ユーザーが何を必要としているのか考え解決策を創出する「デザインシンキング」の手法も取り入れ、地域発展、環境問題、持続可能な社会の観点から、村人の立場になって必要とされるものを考えるというもの。
 
生み出した解決策は試作品として具体化し、村人に提案して製品化を行い、導入を目指す。試作や製品化は現地で入手できる材料や技術を用いる。
 
今回は、金沢工業大学の学生8名とシンガポール理工学院、ムハマディア大学ジョグジャカルタ校ペンバングアン大学ジョグジャカルタ校からおよそ50名の学生がジョグジャカルタの村に分かれて滞在。それぞれの村で住民たちと一緒に生活し、住民たちへのインタビューや観察を通して問題点を見出し、解決策の設計や試作品の製作を行っている。
 
 
(文:留学プレス編集部)
 
《More from 留学プレス》
■ 2016年1月から始まる『TOEIC(R) Speaking公開テスト』ってどんなもの?
■ 日本のグローバル化推進と定着のキーパーソンとは?
■ 「苦手つぶし」よりも「得意伸ばし」を
■ 国際人に推薦、3つの無料アプリ
■ あなたが海外生活をすべきたったひとつの理由
 
NOW OPEN!

 


2015-09-10 | Posted in アジア・アフリカ, ニュースNo Comments » 

関連記事