『ロロリマの滝とカババー“アニー”』 – 南太平洋バヌアツ共和国からのハッピーニュース(2)~ 大数加裕信(Hotel General Manager)


弊社、サウスパシフィックツアーズにこのたび『ロロリマの滝』ツアーが加わりました。実はこの滝、一般の方が勝手に行くことはできないというちょっと特別な場所なのです。
 
ポートビラから車で走ること約1時間でこんな緑あふれる場所に到着。
 
バヌアツ ロロリマの滝
 
空気が緑の味です。
眼下に川が見えてきました。
 
ロロリマの滝2
 
丘をドンドンくだってゆくと少しずつ滝の全景があきらかに・・・
 
ロロリマの滝3
 
ロロリマの滝4
 
ドドーン!
これが知る人ぞ知る『ロロリマの滝』です。
 
バヌアツ ロロリマの滝
 
段々と暑くなり始めているバヌアツ。
ロロリマの滝に涼みに行きましょう。

数日後、パンゴという波乗りができる村にあるカバ(注)バー『ANNIE(アニー)』を訪れました。
 
(注:『カバ』とは=南太平洋諸国の伝統的な飲み物が「カバ(KAVA)」。カバは一種の麻薬で飲むと鎮静作用がありますが、治療薬としても優れたバヌアツの習慣的な飲み物です。出典:バヌアツの伝統的な飲み物「カバ(KAVA)」。この記事では「カバミシュラン」と題して、バヌアツのカババーに筆者の独断で星をつけるのがお約束。)

このカババー、実は前から気になっていたのです。
その理由はこれ。見てください。
 
カババー_アニー1

ずらりと車が駐車しています。
バヌアツの方程式は『はやっているカババー』=『強いカババー』。 
これは、確かめなくては!
 
本日のプレゼンター『まゆか』をご紹介します。青年海外協力隊のメンバーとして、バヌアツの環境問題に取り組んでおります。
カババー_アニー2
 
何故か非常に白人が多いのが不思議。(カバではなく)ビールをガンガン飲んでいる不届きモノもおりました。
 
とにもかくにも早速飲んでみましょう。
ちなみにここのカバはジュゴンで有名なエピ島産。期待してよいかも。
 
カババー_アニー3
 
ぐいっと!
 
カババー_アニー4
 
お味は中々飲みやすいまろやかさ。
その後、あっという間に日が暮れてきたので『ドロン』した写真は撮れませんでしたが、二杯ほどで結構効きました。
 
カババー_アニー5
 
バヌアツの方程式は証明された!ということで四つ星のカババーです。
目印はこの意味不明な人形です。
 
カババー_アニー6
 
文:大数加裕信(Hotel General Manager)
この執筆者の記事一覧
 
この記事を筆者のサイトで読む
 
《More from 留学プレス》
■ 『フィジーでの発見』 – 世界で一番ハッピーな国・南太平洋バヌアツ共和国からのハッピーニュース(1)
■ 日本のグローバル化推進と定着のキーパーソンとは?
■ 「苦手つぶし」よりも「得意伸ばし」を
■ 国際人に推薦、3つの無料アプリ
■ あなたが海外生活をすべきたったひとつの理由
 
NOW OPEN!

 


関連記事