TOEIC(R)テストの出題形式、2016年5月から変更に。


TOEIC(R)プログラムの開発機関であるEducational Testing Serviceは2016年5月に韓国と日本で実施される公開テストから出題形式を変更すると発表しました。
 

変更点は?

なにはともあれ、まずは変更となる箇所を見てみましょう。
 
TOEIC変更点
 
<リスニングセクションの変更点>
●写真描写問題と応答問題の設問数が減ります。
●会話問題の設問数が増えます。
●会話問題の中に、発言が短くやり取りの多いものが加わります。
●3名で会話する設問があります。
●Elisions(省略形:going to が gonnaなど)、Fragments(文の一部分:Yes,in a minute;Down the hall; Could you?など)を含む会話が流れます。
●会話やトークの中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問が加わります。
●会話やトークの中で話し手が暗示している意図を問う設問が加わります。
 
<リーディングセクションの変更点>
●短文穴埋め問題の設問数が減ります。
●長文穴埋め問題の一つの文章に含まれる設問が4問になり、従来の単語や句に加え、一つの文を空欄に埋める設問が加わります。
●テキストメッセージやインスタントメッセージ(チャット)、オンラインチャット形式で複数名がやり取りを行う設問が加わります。
●読解問題で3つの関連する文書を読んで理解する設問が加わります。
●読解問題の設問数(1つの文書、複数の文書)が増えます。
 

どうして変更になったのか。

英語によるコミュニケーション能力を測るテストであるTOEIC(R)。新しい出題形式には、日々変化する英語の使い方、そして世界における、日常やビジネスでの英語によるコミュニケーション方法が反映されます。
 
なお、変更の理由をETSのTOEIC(R)プログラム・エグゼクティブディレクターFeng Yu氏は、次のように述べています。
 
「英語の使い方は日々進化、変化しています。その変化に合わせて、テスト問題も進化、変化させる必要があります。TOEIC(R)テストが、現在使われている英語を反映し、そして受験者が必要とする英語のスキルを確実に測定するテストであるために、ETSでは、この度TOEIC(R)テストの出題形式を一部変更してまいります」
 
今後、公式認定証のリスニングのAbilities Measured(項目別正答率)には、「フレーズや文から、話し手の目的や暗示されている意味が理解できる」という項目が新たに追加されます。
 
今回の変更、主な印象はリスニング・リーディング両セクションともに、一定量の文章や会話を理解し、活用できる能力により着眼しているようにみえること。受験者は日頃から、一文が短くても良いからまとまった時間続けることのできる会話力や、ボキャブラリーの量に頼るばかりでない文章作成能力、よりスピーディーな読解力などが求められることになるかもしれません。
 
TOEICの公式サイト: http://www.toeic.or.jp/
 
文:留学プレス編集部
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ 留学と国内の英会話スクール、上達が早いのはどっち?(前編)
■ 100年の歴史が証明。イギリス英語学校、世界最高水準5つの理由
■ 2016年1月から始まる『TOEIC(R) Speaking公開テスト』ってどんなもの?
■ 韓国式、スパルタトレーニング!フィリピン留学英語力最短アップの仕組み
■ TOEIC(R)スコアアップに特化した留学プラン一覧
 
 


2015-11-05 | Posted in ニュースNo Comments » 

関連記事