11月11日「Remembrance Day」にイギリス人が胸に赤い花をさすのはなぜ?


1918年11月11日。今から約100年前のこの日、第一次世界大戦が事実上の終結をしました。ヨーロッパ全土で1000万人以上が犠牲となった第一次世界大戦。11月11日は世界各国で、大戦終結を記念した行事が行われます。どの国でどんな一日をおくるのか、見てみましょう。
 

ひなげしの花で追悼するイギリスやカナダ

イギリス連邦の各国では11月11日を“Remembrance Day”として祝日制定しています。イギリス国王ジョージ5世によって定められた記念日で、同日11時には国民が黙とうをささげます。

また、11日にもっとも近い日曜日を“Remembrance Sunday”として、戦没者を追悼する礼拝が行われます。この礼拝にはロイヤルファミリーも出席し、平和への祈りを捧げます。

もしあなたが11月にイギリスやカナダを歩いていたら、赤いポピー(ひなげし)を胸ポケットに刺している人を多くみかけるでしょう。別名「ポピー・デー(Poppy Day)」とも呼ばれる戦没者追悼記念日。なぜ赤いポピーなのでしょう?

第一次世界大戦最大の激戦地となったのが、フランス・フランドル地方。ここでの戦いは壮絶でした。多くの兵士が命を落とします。
 
傷つき力果てた戦士たちが倒れたその大地に咲き乱れていたのが赤いポピーの花でした。まるで、その大地に眠る戦士の息吹のように群生する真っ赤なポピー。その風景をカナダ出身の軍医が悼みの詩として発表しました。以来、その詩に感銘を受けた人たちが、ポピーを戦没者慰霊の象徴とするようになったのです。
 
リメンブランスデー 
ポピーは平和への祈り
  
この時節のイギリス連邦各国では、慰霊や遺族支援のため街頭での募金活動が行われます。さながら日本における「赤い羽根」募金のように、募金に参加した人たちは、胸に赤いポピーの造花をさすのです。
 

米国では「復員軍人の日(Veterans Day)」

11月11日をアメリカ合衆国では「復員軍人の日(Veterans Day)」として迎えます。5月に「戦没者追悼記念日(Memorial Day)」があるため混同されやすいけれど、Veterans Dayは第一次世界大戦終結を記念し、Memorial Dayは南北戦争終結を記念するという違いがあります。
 
現在、Veterans Dayは第一次世界大戦だけでなく、第二次世界大戦や朝鮮戦争などの復員軍人にも敬意を表する日となっています。黙とうに続き、大規模なパレードが行われます。
 
アーリントン墓地
大統領が献花を行うワシントンDC近郊・アーリントン墓地

11月のVeterans Dayは米国中の学校が休校となりますが、一方で多くの企業や点店舗は通常営業をしています。11月の米国は、月末に感謝祭(Thanksgiving)の大連休を控えているため、あまり休んでばかりはいられないというのがその理由と言われています。
 
Veterans Dayセールを行うショップが多いのも特徴。来る連休や年末に向けての買い物にもチャンスの時期にもなるのです。
 

フランスやベルギーでは「休戦記念日」

大きな犠牲を出したフランスやベルギーではこの日を「休戦記念日(Jour de l’Armistice)」と制定し、やはりさまざまな慰霊行事を行います。

教会や礼拝堂での追悼礼拝、パレード、記念式典などに加え、各地で追悼コンサートがたくさん行われるのも特徴です。

パリの凱旋門には「無名戦士の墓」があります。ここは第一次世界大戦でなくなった兵士たちの墓です。休戦記念日には、この「無名戦士の墓」にも花がささげられます。
 
無名戦士の墓
パリ・無名戦士の墓
 
観光では遠くから写真を撮ることの多い凱旋門。今度訪れる際には、その麓にある「無名戦士の墓」へも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
 
文:留学プレス編集部
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ 100カ国旅した僕がフィジーに移住した8つの理由
■ アメリカ就職〜その幸運は偶然ではないんです!
■ 100年の歴史が証明。イギリス英語学校、世界最高水準5つの理由
■ 新卒の海外就職の現実とこれからの可能性
■ オーストラリアでワーキングホリデーする魅力とは?
 


関連記事