子どもの飛行機ひとり旅。「今どこ」がわかる「エアバンド」をニュージーランド航空が導入しました。


子どもをひとりで飛行機に乗せる親は、到着連絡が入るまでヤキモキしっぱなし。そんな親御さんの心配を軽減すべく、ニュージーランド航空では「エアバンド」なるリストバンドを子ども搭乗者に装着してもらうサービスを開始しました。
 
ニュージーランド航空のエアバンド
 

5歳から16歳までが対象

対象となるのは5~11歳のすべての子ども。保護者の要望があれば12~16歳にも適用されます。
 
同社ではチェックイン時に「エアバンド」を配ります。この特別なリストバンドを装着すると
 
(1)空港でのチェックイン時
(2)搭乗時
(3)着陸後、地上スタッフのもとに案内
(4)指定されたお出迎えの方へ引き合わせ
 
の各段階で通知が受け取れるよう自動的に設定されます。保護者の連絡先は最大5件まで登録可能です。
 

航空会社としては世界初

このサービスは、2015年11月26日以降の発券分からが対象となります。導入に際して、ニュージーランド航空カスタマー・エクスペリエンス部長キャリー・ハリハンガヌイは次のように述べました。
 
「お子様のひとり旅は、 子ども本人にとっても保護者にとっても、不安な時間になり得ることを、私たちはよく理解しています。これまでも弊社スタッフはつねにお子様のひとり旅に対して最大限のサービスを提供してきましたが、今回はお子様の旅の体験を充実させると同時に、 保護者の皆様にはお子様の旅を“見える化”し、さらにご安心いただける方法を考えました。」
 
「このような技術を用い、お子様のひとり旅に対して保護者の方々へ安心をお届けする試みは、航空会社としては世界初であると認識しています。私どものネットワークで数ヶ月テストをした結果、保護者の皆様から大変好意的なフィードバックをいただき、 お子様の所在を各地点で確認できる当サービスを多くの方が歓迎して下さいました。」
 
このサービスは、2016年2月2日まで無料体験が可能、2月3日以降は、国内線片道1,400円(オンライン料金)、国際線片道3,700円(オンライン料金)がかかります。

サービスの詳細は
http://www.airnewzealand.jp/children-travelling-alone-info
 
文:留学プレス編集部 
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ 高校生の留学にバンクーバーが適している理由
■ StudyとLearnの違いって?英語習得の法則とフィリピン留学
■ 『聞こえない高校球児』のフランス一人旅 – 甲子園に続く冒険
■ ジュニア・ティーン留学プラン一覧
■ 高校生の短期留学プラン一覧
 

 


関連記事