超高カロリー!でもハマるとやめられないチェコ風ドーナツ『ヴドルキ』 ~チェコ紀子(ライター)


チェコの人にとって週末に家族と過ごす1日は貴重な時間。チェコのお母さんたちは、週末に子供たち、孫たちを呼んで、せっせと全員分の大きなお昼ご飯と コーヒータイムのおやつを作ります。恵の豊富な夏は、ベリーやプルーン、杏などの果物を使った焼き菓子、寒くなると焼き菓子や生イーストを使ったパン系の おやつなどをサッサと作ってしまいます。
 
今回は、日本でも出来る、コーヒータイムに大活躍のチェコ風ドーナツ“ヴドルキ”のレシピをご紹介します。いつものドーナツもちょっとした一工夫でチェコ風に変身です。週末の家族時間のお供にいかがでしょうか。
 

ちょっと危険!?超高カロリー、チェコおやつ“ヴドルキ”。

●材料(4人分)
生地
小麦粉:500g
牛乳250ml
卵1個
生イースト20g(ドライイーストで代用可)
砂糖100g
バター100g
塩 一つまみ
 
●トッピング
クワルク150g(日本でも手に入る白チーズ。東欧では固いクワルクと柔らかいクワルクがあります。こちらは硬いクワルクを使用します。省いてもいいですし、カッテージチーズで代用してもいいかもしれません。)
プルーンのジャム 150g
サワークリーム200g(乳性を切ったヨーグルトに生クリームを混ぜたもので代用可)
 
●作り方
1.牛乳を2つに分けて、温め、1つはバターを溶かし、もうひとつは少し砂糖を入れて生イーストを入れてふわふわっと浮いてくるまで待ちましょう。
 
2.小麦粉に塩、砂糖、卵、牛乳(2つとも)を入れて混ぜます。柔らかめですが、がんばって混ぜてると、くっつかないつやつやの生地になってきます。出来上がった生地に小麦粉をまぶして、布巾をかけて45分ほどかけて、暖かい場所で発酵。
 
3.発酵した生地を1.5cmくらいの厚みの延ばし、コップなどを使って丸く型抜きします。布巾をかけて、少しだけ発酵。その間に油を温めます(伝統チェコ流はラードで揚げるのですが、私は油で普通にやってます。)
 
4.揚げる前に中央に親指で大きめにくぼみをつけ、くぼみ側から揚げます。

ヴドルキ1
 
5.揚げたヴドルキが冷めたら、くぼみにプルーンジャムを塗ります。
 
ヴドルキ2
 
6.ぽろぽろに摩り下ろしたクワルクをかけます。
 
ヴドルキ3
 
7.たっぷりのサワークリームで仕上げます。
 
ヴドルキ4
 
カロリーがとっても気になるところですが、サワークリームはたっぷりと大目が美味しいですよ。
 

スープと一緒に食事としても美味

このドーナツのような甘いヴドルキを、チェコではブランボラチカと呼ばれるジャガイモのスープと一緒に食事として食べることがあるんです。ジャガイモや人参、セロリの根っこなどの根菜にマジョラムとにんにくを入れた、少しとろみのあるスープです。
 
私も最初はビックリしましたが、スープの塩気とヴドルキの甘味が癖になる、絶妙のコンビネーションなんですよ。スープと一緒に食べてみるのも、新しい食の発見になるかもしれませんね。
 
文:チェコ紀子(ライター)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■チェコのクリスマス前哨戦、「なまはげ」が来ちゃう祝日『聖ミクラーシュの日』ってどんな日?
■ 去年よりもクリスマスツリーを楽しむ方法(チェコ編)
■ ハロウィンの仮装、ほんとの意味と気を付けたいことってなに?
■ ホームレス家族と過ごした2015年サンクスギビング
■ 女性に人気の留学・国際交流
 
 


関連記事