『タンナ島ブルーケーブツアー、復活!!』 – 南太平洋バヌアツ共和国からのハッピーニュース(3)~ 大数加裕信(Hotel General Manager)


日本の旅行業者さんがバヌアツへ視察旅行にいらっしゃいました。
 
阪急交通社の木挽(こびき)さん(中央左)とトラベルファクトリージャパンの米山さん(中央右)。
バヌアツ・タンナ島1
 
旅行のプロの目からみたバヌアツはどうだったのでしょう!
 

しばらく閉鎖されていたタンナ島のブルーケーブツアーが復活しました!

やったー!待っていました!!
 
ということで視察旅行に訪れたお二人と共に行ってきましたよ。
 
どーん!
まさにブルーケーブ(青い洞窟)!!
バヌアツ・タンナ島2
 
洞窟の中はこんな感じ↓
バヌアツ・タンナ島3
 
あまりに幻想的な『青』の世界にはしゃぐお二人。
 
洞窟の天井にぽっかりと空いた穴から差し込む光が、このように海中の岩を輝かせています。
バヌアツ・タンナ島4
 
まるで宝石の如し!
 
その光を浴びるお二人。
バヌアツ・タンナ島5
 
洞窟の入り口。
バヌアツ・タンナ島6
 
今回ブルーケーブの中で撮った一番の傑作写真はこれ↓
バヌアツ・タンナ島7
 
『元気玉!!!』
 
(知らない人は漫画『ドラゴンボール』を読んでください)
 
こんな素敵なブルーケーブ。
タンナに行った際には是非訪れてみましょう!
 
P.S.
屋根も無い小さな船に乗り、片道40分くらいかかるので日焼け止めはお忘れなく。
バヌアツ・タンナ島8
 
文:大数加裕信(Hotel General Manager)
この執筆者の記事一覧
 
この記事を筆者のサイトで読む
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ 『ロロリマの滝とカババー“アニー”』 – 南太平洋バヌアツ共和国からのハッピーニュース(2)
■ 『フィジーでの発見』 – 南太平洋バヌアツ共和国からのハッピーニュース(1)
■ ただのリゾート地ではない!「神々の島」バリの魅力
■ 100カ国旅した僕がフィジーに移住した8つの理由
■ 女性に人気!リゾートへ留学。
 


関連記事