お笑い芸人・渡辺直美さんがニューヨーク留学で得た『留学の成果』を考察してみる ~若松千枝加(留学プレス編集長・留学ジャーナリスト)


渡辺直美さんはニューヨークに留学しました
 
2015年12月22日のZAKZAK記事で、お笑い芸人の渡辺直美さんが今年ニューヨークへ短期留学したきっかけと留学の成果について、次のように答えていました。

– きっかけはオリエンタルラジオの中田敦彦さんからの「短所より長所を伸ばせ」とのアドバイス。
– 自分の長所だと思う表現力を学びたくなった。
– 留学で分かったのは、自分の良さとかやりたいことは口に出さないとわかってもらえないこと。
 
渡辺さんが留学で手に入れた成果のひとつは「自分の良さとかやりたいことは口に出さないとわかってもらえない(ことがわかったこと)」のようです。
 
留学によって手に入る成果には『目に見える成果』と『目に見えない成果』があります。渡辺直美さんの語った成果は、『目に見えない成果』に分類されることでしょう。本稿では、『目に見える成果』と『見えない成果』という軸で、留学の成果について考えてみたいと思います。
 

目に見える成果

留学する人全員が明確な目的をもっているとは限りません。しかし、大半の人は目的がないとそもそも留学決断に至りません。
 
「英語力を上げたい」
「資格を手に入れたい」
「大学を卒業したい」
「職人としてレベルアップしたい」
「海外で働く経験をしたい」
 
・・・と、こんな感じで『目に見える成果』を挙げる人が圧倒的です。
 
『目に見える成果』は、伸びたTOEFLスコアや学歴という形でデータが残されます。履歴書に書くことができるし、就職活動にも活かせます。フランスでシェフ修行した経験も、カナダでツアーガイドをした経験も、具体的に文字に表せるからキャリアに転化させやすいと言えます。
 

目に見えない成果

一方、留学には『目に見えない成果』もあります。
 
「打たれ強くなった」
「知らない人とのコミュニケーションができるようになった」
「トラブルが起きても冷静でいられるようになった」
「日本を客観的にみられるようになった」
「親に感謝するようになった」
 
・・・これらのようなものが代表的です。
 
『目に見えない成果』は、副産物としてもたらされます。「打たれ強くなった」人は、慣れない環境で日々驚くことが起きたり、思うように伸びない実力に地団駄を踏んだりしている間に気が付いたら打たれ強くなっているのです。
 
『目に見えない成果』は、文字にはしづらいですよね。履歴書には書けないし、面接でアピールするのも難しい。
 
しかし、帰国した留学生たちのほとんどは『目に見える成果』よりも『目に見えない成果』のほうに、より高い充実感を得ています。『目に見える成果』を手に入れる過程で『目に見えない成果』は嬉しいおまけとしてついてきますが、ときとして、このおまけはその後の人生を支える大きな支柱となる場合もあります。
 

ある女性の話をします。

1人の30代女性の話を書きます。彼女は25歳のときにニュージーランドへワーキングホリデーに行きました。目的は「英語力の向上」と「旅行」。いつか旅行に関わる仕事をしたいと思っていました。
 
彼女はまず1か月間、語学学校に通いました。もっと長く通いたかったけれど、資金に余裕がありません。1か月で卒業し、その後はアルバイトをするつもりでいました。
 
残念ながら、なかなかアルバイトは見つかりませんでした。当たり前です。もともと高くもなかった英語力をたった1か月の語学留学で飛躍的に伸ばせたわけではありません。拠点としていたクライストチャーチ市内では、面接にすらこぎつけられませんでした。
 
手元の資金がなくなっていく毎日。このままでは予定を大幅に切り上げて早く帰国せざるを得なくなる。ニュージーランド中を旅したかったのに。地元の人と働く経験をしてみたかったのに。
 
焦りと、擦り減っていく自信と、低い語学力への劣等感で泣いてばかりいた彼女。ある夜ひとつだけ決心をしました。「よし、恥をかいてから帰ろう。」と。
 
決心してから最初の行動は、卒業した語学学校へ行き「職務経歴書の書き方を教えてもらいたい」と言いに行ったことです。すでに卒業している学校で本来教わる権利などありませんが、運よく学校はオフシーズン。スタッフの手伝いを条件に、職務経歴書の書き方を教えてもらえました。学校のパソコンとプリンターを使って100枚余りの職務経歴書をプリントアウトしました。
 
その100枚を手に持ち、彼女は人口1200人のド田舎の町へ行きました。スキー場を擁するその小さな町は、スキーシーズンの間は爆発的に賑わうと聞いていたからです。(私はこの街で彼女と出会いました。)
 
観光局で宿泊リストをもらい、B&Bやバックパッカーに片っ端から「仕事が欲しい」と飛び込んで歩きました。どこの宿もすでにそのシーズンのスタッフ採用は終えていたため門前払い。そんななか、たった一軒「料理はできるか?」と聞いてきた宿がありました。

母親の手伝いくらいしかしたことはなかったけれど、思わず“Yes”と答えました。その宿では予定していたスタッフが急に家庭の事情で従事できなくなり、折よく彼女が飛び込んできたというわけです。住み込み3食付、ハウスキーピング兼シェフ見習い兼レセプション業務。遊び暇もなく働くことになりましたが、ローカルのスタッフと宿泊客にもまれるその仕事で彼女は多くのものを手に入れました。
 
『目に見える成果』としては「英語力」「経歴」「お金(そこで貯めたバイト代で、彼女はNZ中を旅することができた)」です。『目に見えない成果』は想像の範疇を出ませんが、翌年彼女には同じ宿から正式に仕事のオファーが入りました。違う国でも経験を積みたいと言って断り、その後他国でキャリアチェンジを経ながら歩んでいると聞いています。
 
ニュージーランドで「よし、恥をかいてやろう」と思った瞬間に、彼女の何かが変わったことは間違いありません。きっと、どこの国でも、何度かつぶやいたことでしょう。
 
「よし、恥をかいてやろう」の一言を手に入れたこと。『目に見える成果』ではないし、客観的な評価はできません。しかし、この一言を手に入れた彼女と手に入れる前の彼女は、明らかに違うのではないでしょうか。
 

渡辺直美さんが成果をこれから活かす道

話を渡辺直美さんに戻します。

英語力やダンス技術といった『目に見える成果』を渡辺さんがどの程度手に入れたかはわかりません。一方で、「自分の良さとかやりたいことは口に出さないとわかってもらえない。」と彼女が認識したことは『目に見えない成果』です。
 
ここからの分析は私見だから、渡辺さんご自身には異論があるかもしれません。しかし、渡辺さんの『目に見えない成果』は大きな花を咲かせるきっかけになるのでは・・・そんな期待を込めて勝手な意見を書かせていただきます。
 
もしかしたら、渡辺さんは今まで、人から求められる役割を精一杯パフォームしてきたのかもしれません。誰もが知るビヨンセの物まねや大柄な体格を活かした自虐ネタ、ときに下ネタを交えたキャラとのミスマッチ。これらは、演出側の期待を渡辺さんが理解し、即座に応えるという聡明さの現れです。
 
しかし「やりたいことは口に出さないとわかってもらえない」ことを実感した今後の渡辺さんには、自分企画の自己表現がもっと増えてくるかもしれません。すでに女優として活躍の場を広げていますが、渡辺さんにその意志があるならば、従来のキャラクターに加えた新しい個性が見える舞台や映画、たとえばホラー作品やシリアスな時代劇などで見られる日が来るかもしれません。すでに彼女は前述のインタビューで、海外でライブ中心に活動を広げたいとも語っています。
 

『目に見えない成果』の評価方法

留学帰国者は『目に見えない成果』を分かってもらえないと嘆くことなく、行動力やプレゼン能力などに転化していく力を持ってもらいたいです。実際、専門のキャリアカウンセリングの場では、『目に見えない成果』をいかに文字化するかの指導も行われているのだとか。
 
一方で、留学帰国者を採用する予定の企業には何らかの形で『目に見えない成果』を評価してもらえたらいいとも思います。
 
留学を思い立ち、なぜ留学するのだろうと自問自答し、そのために安定した日常を捨て、煩雑な留学手続きをするだけで人は二歩も三歩も前に進んでいます。自力で資金を貯めるためには計画性や節制も必要だったことでしょう。採用企業の方々には「いまどき留学くらい当たり前だ」なんて思いこまずに、目の前の履歴書をご覧いただけたらと願います。

文: 若松千枝加(留学プレス編集長・留学ジャーナリスト)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ 自分の手で「つかみに」行く留学。日本人バスケ男子、アメリカへの挑戦。(前編)
■ 『聞こえない高校球児』のフランス一人旅
■ 留学は有意義か、それとも不必要か。
■ 政府「留学生30万人計画」目標まで残り11万5千人、どう達成するか
■ 女性に人気の留学・ワーキングホリデー
 


関連記事