TOEIC(R)公開テスト、受験地の年間実施回数を拡大


全国8都市のTOEIC(R)公開テストの年間実施回数を増やすとの発表がありました。
 

TOEIC(R)公開テスト 実施回数の増回

TOEICテスト回数増える
 
実施月:6月
試験日:2016年6月26日(日)
対象の受験地:富山、鹿児島、北九州、熊本
年間実施回数:6回→7回
受験地数:全国27受験地(前年23受験地)
 
実施月:7月
試験日:2016年7月24日(日)
対象の受験地:沖縄、香川(高松)、長崎、高知
年間実施回数:沖縄、香川(高松) 5回→6回・長崎、高知4回→5回
受験地数:全国47受験地(前年43受験地)
 

TOEIC(R)公開テスト・TOEIC Bridge(R)公開テスト受験地の名称変更

TOEIC試験会場名称変更
 
テスト名:TOEIC公開テスト
変更前:仙台/盛岡/金沢/松江/高松/松山
変更後:宮城/岩手/石川/島根/香川/愛媛
変更開始の試験日:2016年5月29日(日)※宮城は2016年4月10日(日)
 
テスト名:TOEIC Bridge公開テスト
変更前:仙台
変更後:宮城
変更開始の試験日:2016年6月12日(日)
 
受験地別スケジュール
http://www.toeic.or.jp/toeic/guide01/schedule/sche/sche_kanto.html
 

(文:留学プレス編集部)
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ 自分の手で「つかみに」行く留学。日本人バスケ男子、アメリカへの挑戦。(前編)
■ 『聞こえない高校球児』のフランス一人旅
■ 留学は有意義か、それとも不必要か。
■ 政府「留学生30万人計画」目標まで残り11万5千人、どう達成するか
■ 女性に人気の留学・ワーキングホリデー
 


2016-01-18 | Posted in ニュースNo Comments » 

関連記事