日本ではなかなかお目にかかれない韓国の3つの習慣・交通編 ~平井樹美(ライター)


成田空港から飛行機で約2時間半と、時差がなく気軽に訪れることができる海外・韓国。そのアクセスの良さから海外旅行の行先で人気ランキングに入る韓国ですが、隣国ということもあって一見日本と似ているように見えます。
 
しかし、それでも韓国は海外です。日本と似ているようで韓国には、韓国特有の習慣があるのです。パック旅行では中々気が付かない、韓国の交通機関での習慣をご紹介します。
 
韓国の習慣
出典 http://www.ashinari.com/2012/02/05-356648.php
 

年配者への配慮が凄すぎる!

韓国は、儒教を重んじる国の為年配者への気配りが凄いです。地下鉄やバスなどの交通機関では、若者が年配者を見かけたら率先して席を譲ります。韓国を訪れると、若者が年配者に席を譲っている場面を何度となく見かけます。その譲り方は、とても気持ちの良いもの。
 
日本でもこの様な風景は見られますが、韓国に比べると率先的ではない感じです。また、いつでも必要な人が使用できるように、「優先席はなるべく座らない」というマナーも徹底しているのです。
 

これを見ないとソン?!地下鉄の車内販売

地下鉄でお目にかかることができる韓国名物「車内販売」。といっても日本の様に、鉄道会社の従業員が販売しているわけではありません。一般人が販売しているのです。
 
何を売っているかというと、洗剤や簡単な調理用具、ベルトやガムなどとにかく色々な物です。こんなもの誰が買うのだろう?という疑問はさて置き、販売の為に熱が入った商品説明は見習いたくなる程でした。
 
私が見た時は、靴ベラを売っていました。勿論、購入はしませんでした!
 
本来は違法なので、年々減りつつあるこの車内販売。とはいえ、韓国旅行の風物詩と言っても過言ではないでしょう!
 

日本と韓国、タクシーの違いは?

韓国のタクシーは、2種類あり料金が安く旅行者も気軽に利用できるのが魅力です。初乗り料金が一般タクシー・3000ウォン(約300円)模範タクシー・5000ウォン(約500円)です。一般タクシーは、外国語が通じないのですが模範タクシーは日本語を話すことが可能なドライバーが多いので安心して乗車できますね。
 
韓国のタクシーが日本と違うのは、ドアが自動ではなく手動というところ。それを知らず、韓国でタクシーを利用した際ドアの前で立っていたら「乗るの?乗らないの?」と運転手さんに怒られました。
 
また、降りる時も手動です。交通量が多い通りでは後方を注意して扉を開けないととても危険なのです!
 
実際にこれらを目にすると、似ているようで違う韓国の魅力を実感できるのでは?特におすすめは「車内販売」です。一般人が販売している点に面白味があり、韓国人のバイタリティを感じました。来韓の際は、チャンスがあればぜひ見て下さい!
 
文:平井樹美(ライター)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ SNSより「文通」が英語力アップに役立つワケ
■ ホームステイ 前に心得ておくべきポイントとは?
■ ホームステイや短期留学時にMust haveな4つのモノ。
■ 日本人留学生の持つ2つの弱点
■ 女性に人気!韓国留学
 


関連記事