アゼルバイジャン大使館にて 「ホジャリ大虐殺」 追悼記念講演イベント開催


駐日アゼルバイジャン共和国大使館では2月24日(水)に 「ホジャリ大虐殺」追悼記念イベントが行われます。
 

1992年に起きた悲劇「ホジャリ大虐殺」とは?

アゼルバイジャンは、旧ソビエト連邦の共和国。ソ連からの独立前後に見舞われた悲劇が「ホジャリ大虐殺」です。毎年アゼルバイジャンでは追悼が行われています。
 
アルメニアとアゼルバイジャンのナゴルノ・カラバフ自治権をめぐる争い「ナゴルノ・カラバフ紛争」のさなかにホジャリ大虐殺は起きました。ホジャリ市のアルメニア人過激派がアゼルバイジャン系住民を多数を殺害しました。ヒューマン・ライツ・ウォッチなどによると、63人の子供を含む613人を虐殺したとされています(出典:Wikipedia「ホジャリ大虐殺」)
 

アゼルバイジャンってどんな国?

そんな悲しい出来事を乗り越えて、近年アゼルバイジャン共和国は急速な発展を遂げています。その財源は油田や天然ガスなどの豊かな天然資源。「第二のドバイ」と呼ばれることもあり、見どころはその近代的な景色。なかでも都市部の美しい夜景が観光客の目を惹きつけています。
 
▼アゼルバイジャンの首都バクー
アゼルバイジャンの首都バクー
 
▼アゼルバイジャンの伝統衣装を纏い踊る
アゼルバイジャンの伝統衣装を纏い踊る
 

追悼記念イベント概要

追悼記念講演は、ギュルセル・イスマイルザーデ駐日大使自ら日本語で行われます。事件をめぐるアゼルバイジャンの歴史や戦争の背景について聞くことができるほか、軽食を囲んでの歓談もできます。
 
■ 開催日時
2016年2月24日(水) 18:30-20:00 (開場18:00)
1. アゼルバイジャン共和国 概要 
2. アゼルバイジャン近代史:「ホジャリ大虐殺」
3. 大使を囲んでの歓談(軽食付)
 
■ 登壇者
ギュルセル・イスマイルザーデ特命全権大使(日本語での講演)

■ 会場
駐日アゼルバイジャン大使館  
東京都目黒区東が丘1丁目19-15
東急田園都市線 駒沢大学駅(徒歩13分)、東急東横線 都立大学駅(徒歩16分)、渋谷駅・駒沢大学駅・都立大学駅から近くまで行くバスもあり。
 
■ 定員
30名(振込完了順)
 
■ 参加費
3,000円(税込、 軽食&アゼルバイジャン産ザクロジュース付)
入金後定員オーバーとなった場合は払い戻し。
3日前(2/21)以降のキャンセルは100%(返金なし)
 
■ イベントサイト/参加手続き
http://keynoters.co.jp/eventDetail/discover2/
 
■ 主催:株式会社KeyNoters(キーノーターズ)
■ 共催:駐日アゼルバイジャン共和国大使館
 
(文:留学プレス編集部)
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ 自分の手で「つかみに」行く留学。日本人バスケ男子、アメリカへの挑戦。(前編)
■ アメリカ大学留学の強い味方!学生サポートは最大限に利用
■ 本気で英語力を上げる語学留学をしたい人が、必ず試すべき4つの方法
■ 『短期流学』のススメ ? 14カ国で留学してみた
■ 女性に人気の留学・ワーキングホリデー 


関連記事