海外移住するならどこの国?ランキング人気は「アメリカ」「オーストラリア」。


DeNAトラベルが海外移住に関する意識調査を行った。その結果、「アメリカ」「オーストラリア」などが移住先として人気が高いことがわかった。
 

女性77.6%が「海外移住してみたい」

全体では74.9%が「してみたい」と回答。男女別では女性77.6%に対し、男性は68.8%という結果が得られた。
海外移住1
 

海外移住したいのはどんなとき?

1位は「海外旅行をした時(32.2%)」。「海外の穏やかな働き方が羨ましかった」という意見も多数あった。続いて「退職した時(12.0%)」「(語学などを)勉強をしたいと思った時(11.1%)」「TVや雑誌等で海外の生活を目にした時(10.8%)」という結果に。
 
海外移住2
 
「海外旅行をした時」と回答した人の中には「海外でのびのび過ごしている人たちを見るとうらやましく思います」「日々せかせかと働いて都会の中で生活をしていると、自然あふれる島国や気候の暖かい場所で暮らしてみたいなと思います」などの意見が寄せられた。また、「退職した時」と回答した人の多くは「老後は年金で物価の安い国で生活したい。」との意見を持っていた。
 

「誰」と移住したい?

1位は「恋人・パートナー(64.6%)」、2位は「一人(21.6%)」となった。
海外移住3
  

海外に移住するとしたらどこの国?

一人で移住する場合の移住関心国は10代から50代では、語学や経済を学べるという理由から「アメリカ合衆国」が1位に。60代では1位「タイ(13.9%)」、2位「マレーシア(9.9%)」などアジア諸国が人気。
海外移住4
 
恋人・パートナーと移住する場合は、10~50代で「アメリカ合衆国」が第1位に。60代では「マレーシア(14.4%)」の人気ぶりが目立った。
海外移住5
 
(留学プレス編集部)
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ 2016年、身につけたい能力の第1位は「語学力」。20代以下限定では第2位に。
■ お笑い芸人・渡辺直美さんがニューヨーク留学で得た『留学の成果』を考察
■ 自分の手で「つかみに」行く留学。日本人バスケ男子、アメリカへの挑戦。(前編)
■ 政府「留学生30万人計画」目標まで残り11万5千人、どう達成するか
■ 女性に人気の留学・ワーキングホリデー 


関連記事