「世界一大きな授業2016」今年は4/16~5/31。ノーベル平和賞受賞者による「だれもが学校に行けるように」呼びかけ。


世界の教育の現状を世界中で同じ時期に学び、教育の大切さについて考えるグローバルなキャンペーン「世界一大きな授業」が参加校を1000校を募集。学校に限らず、サークルやグループ、 個人でも参加できます。ノーベル平和賞受賞者のカイラシュ・サティーアーティーさんらが「だれもが学校に行けるように」と呼びかけて始まった「世界一大きな授業」は、2015年には全都道府県から780校、7万2463人が参加。2016年は4月16日(土)~5月31日(火)に実施されます。
 
sub1
 

「世界一大きな授業」の目標

現在、世界で小学校に通えない子どもは5,780万人、 読み書きができない大人は7億8,100万人。2015年9月に国連総会で2030年までの新しい目標である「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」が採択され、「世界一大きな授業」ではそのうちの目標4「2030年までにすべての子どもが質の高い就学前教育、 初等教育、 中等教育を受け、大人の識字率も大幅に改善すること」の達成を目指しています。(※注)
 
main
 

「世界一大きな授業」に参加すると

参加申し込みをすると、世界の教育の現状やノーベル平和賞受賞者のマララさんの活動について学べる教材、本当に必要な教育援助とは何かを考える教材が提供されます。 映画『わたしはマララ』の映像を使った教材も準備。
 
授業を受けたあとに、首相・外務大臣に教育支援の拡充を願うメッセージを書くと、授業に参加した子どもの代表とNGOにより政府に届けられます。今年からは新たに、授業を受けた若者が地元選出の国会議員に面会するなどして、日本の教育協力の改善を働きかける「Raise Your Voice!(レイズ・ユア・ボイス!=声をあげよう)」という活動への参加を呼びかけます。
 
sub2
 
(※注:目標 4)
目標 4: すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、 生涯学習の機会を促進する
 
4.1:2030 年までに、 すべての子どもが男女の区別なく、 適切かつ効果的な学習成果をもた らす、 無償かつ公正で質の高い初等教育及び中等教育を修了できるようにする。
 
4.2:2030 年までに、 すべての子どもが男女の区別なく、 質の高い乳幼児の発達・ケア及び 就学前教育にアクセスすることにより、 初等教育を受ける準備が整うようにする。
 
4.3:2030 年までに、 すべての人々が男女の区別なく、 手の届く質の高い技術教育・職業教 育及び大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。
 
4.4:2030 年までに、 技術的・職業的スキルなど、 雇用、 働きがいのある人間らしい仕事及 び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。
 
4.5:2030 年までに、 教育におけるジェンダー格差を無くし、 障害者、 先住民及び脆弱な立 場にある子どもなど、 脆弱層があらゆるレベルの教育や職業訓練に平等にアクセスで きるようにする。
 
4.6:2030 年までに、 すべての若者及び大多数(男女ともに)の成人が、 読み書き能力及び 基本的計算能力を身に付けられるようにする。
 
4.7 2030 年までに、 持続可能な開発のための教育及び持続可能なライフスタイル、 人権、 男女の平等、 平和及び非暴力的文化の推進、 グローバル・シチズンシップ、 文化多様 性と文化の持続可能な開発への貢献の理解の教育を通して、 全ての学習者が、 持続可 能な開発を促進するために必要な知識及び技能を習得できるようにする。
 
「世界一大きな授業2016」
http://www.jnne.org/gce/

(留学プレス編集部)
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ 2016年、身につけたい能力の第1位は「語学力」。20代以下限定では第2位に。
■ お笑い芸人・渡辺直美さんがニューヨーク留学で得た『留学の成果』を考察
■ 自分の手で「つかみに」行く留学。日本人バスケ男子、アメリカへの挑戦。(前編)
■ 政府「留学生30万人計画」目標まで残り11万5千人、どう達成するか
■ 女性に人気の留学・ワーキングホリデー 


2016-03-28 | Posted in ニュースNo Comments » 

関連記事