デルタ航空、日本人フルブライト奨学生を支援。渡米と帰国時の航空券を提供。


2014年度以来、80名のフルブライトアメリカ留学奨学生の渡航の足を提供してきたデルタ航空が、2016年度も協賛。すでに内定している2016年度フルブライト奨学生に渡米や帰国用の航空券を提供する。
 
デルタ航空
 

フルブライト奨学金とは

日米両国政府による留学制度で、 日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)が運営。専門分野の研究を進めるための財政的援助を行うとともに、日米の相互理解に貢献できるリーダーを養成することを目的とする。フルブライター(Fulbrighter)と呼ばれる同窓生は日本人が約6,400名、米国人が約2,600名。
 
フルブライト
 
フルブライト奨学生は各自の研究活動を行うだけでなく、それぞれの留学先や地域社会・文化等の様々な活動に積極的に参加することで両国に対するより一層の知見を広める事が期待されている。帰国後も専門性の高い職業あるいは私的な活動を通して、日米関係の向上に貢献することが期待されます。
 
現在、運営資金は両国政府で折半されており、これら政府資金に加え、民間企業・団体・個人からも資金援助を受けている。また、日本人フルブライト同窓生により設立された公益財団法人日米教育交流振興財団を通して民間資金援助もある。現在では両国政府資金と併せて年間に日米それぞれ約40~50名の人物交流を実施している。
 
(留学プレス編集部)
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ 2016年、身につけたい能力の第1位は「語学力」。20代以下限定では第2位に。
■ お笑い芸人・渡辺直美さんがニューヨーク留学で得た『留学の成果』を考察
■ 自分の手で「つかみに」行く留学。日本人バスケ男子、アメリカへの挑戦。(前編)
■ 政府「留学生30万人計画」目標まで残り11万5千人、どう達成するか
■ 女性に人気の留学・ワーキングホリデー 

 


2016-04-11 | Posted in アメリカ留学, ニュースNo Comments » 

関連記事