高校生の英語エッセイコンテスト『第8回IIBCエッセイコンテスト』開催。最優秀賞の副賞は海外短期留学。


高校生を対象とした英語エッセイコンテスト『第8回IIBCエッセイコンテスト』が開催される。開催するのは日本でTOEIC(R)プログラムを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会。
 
第8回となるこのコンテストは昨年、本選115校167作品、奨励賞は34校1,998作品の応募があった。最優秀賞受賞者には海外短期留学プログラムが贈呈される。
 
高校生英語エッセイコンテスト
 

今年のテーマは「私を変えた身近な異文化体験」

家族や友人、先生など、身近な相手とのコミュニケーションにおいてどのような「異文化」に出会い、何を感じ、考え、学び、どのように「異文化」を持つ相手とのコミュニケーションギャップを乗り越えたか、体験した異文化の紹介にとどまることなくそれらの体験から自身がどう変わったのか、そして今後どう成長していきたいかを英語で表現する。
 

応募方法

応募資格があるのは、日本の国公私立高等学校、高等専門学校(1~3年)および中等教育学校(4~6年)に在学する生徒。使用言語は英語、語数は501~700語とされている。
 
【応募期間】
2016年6月1日(水)~9月7日(水)17:00
 
【応募方法】
IIBCエッセイコンテストサイトより応募。応募開始は6月1日(水)から。
 
【審査員】
・松本 茂氏(立教大学 経営学部 国際経営学科 教授)
・馬越 恵美子氏(桜美林大学 教授・異文化経営学会 会長)
・佐藤 貴実雄氏(公益財団法人 AFS日本協会 理事・事務局長)
・ロッシェル・カップ氏(ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング 社長)
・飯村 豊氏(外務省 東南アジア協力担当大使)
・斎藤 真(一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会 専務理事・審査員長)
 
【表彰】
・本選:最優秀賞:1名/優秀賞:1名/優良賞:1名/特別賞:5名
・奨励賞:奨励賞に応募されたすべての学校(生徒20名以上での応募になります)と担当された先生
・日米協会会長賞:3名 一般社団法人 日米協会(会長:藤崎 一郎氏)が、本選応募作品の中から国際理解や国際交流の観点で優れた作品を選定。
 
(留学プレス編集部)
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ 2016年、身につけたい能力の第1位は「語学力」。20代以下限定では第2位に。
■ お笑い芸人・渡辺直美さんがニューヨーク留学で得た『留学の成果』を考察
■ 自分の手で「つかみに」行く留学。日本人バスケ男子、アメリカへの挑戦。(前編)
■ 政府「留学生30万人計画」目標まで残り11万5千人、どう達成するか
■ 女性に人気の留学・ワーキングホリデー 


2016-04-12 | Posted in ニュース, 語学留学No Comments » 

関連記事