グアム国際空港にESTA専用レーンを試験的に導入 。目的は「スムーズな入国」。


米国入国管理局は2016年4月4日(月)から、グアム国際空港にESTA(電子渡航認証システム)所持者のみが使えるESTA専用レーンを試験的に設置した。今回の設置は試験的に半年間の予定で、今後ESTA利用者が著しく増加した場合にのみ半年後も設置が継続される予定。
 
グアムの海
 
グアムの入国には2つの方法があり、グアム-北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム(Guam-CNMI VWP)を利用する方法(滞在は45日以内まで)と、 米国の入国査証免除プログラムESTAを利用する方法(滞在は90日以内まで)がある。 グアム-北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム利用の場合は入国時に米国出入国記録のI-94とI-736フォームへの記入が必要となるが、ESTA利用の場合はこれらフォームへの記入は不要。スムーズな入国が可能となる。
 
【ESTA (電子渡航認証システム)とは】
短期滞在査証免除対象国の国民が米国に渡航しようとする場合、事前にインターネットを通じて渡航者の身分事項等に関する情報を米国当局に登録することにより査証免除で渡航できるか否かチェックを受けるシステム。 ESTAは一度認証されると2年間(但し、2年以内にパスポートの期限が切れる場合はパスポートの有効期限日まで)有効となり、その期間内は査証免除の対象となる渡航であれば何度でも米国への渡航が可能。料金は14ドル。(2016年4月現在)
 
(留学プレス編集部)
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ 2016年、身につけたい能力の第1位は「語学力」。20代以下限定では第2位に。
■ お笑い芸人・渡辺直美さんがニューヨーク留学で得た『留学の成果』を考察
■ 自分の手で「つかみに」行く留学。日本人バスケ男子、アメリカへの挑戦。(前編)
■ 政府「留学生30万人計画」目標まで残り11万5千人、どう達成するか
■ 女性に人気の留学・ワーキングホリデー 


2016-04-14 | Posted in アメリカ留学, ニュースNo Comments » 

関連記事