ローマ時代へタイムスリップ・イタリアの古代都市ポンペイ ~新すみな(ライター)


ポンペイはイタリア・ナポリ近郊にあった古代都市。西暦79年のヴェスヴィオ火山噴火による大規模な火砕流に街は飲み込みまれました。ずっと灰の中に眠っていた神殿、家々、人が再発見されたのは1748年。実に1600年以上の時を経て再び日の光を浴びることになりました。
 
ポンペイは1万2000人が暮らし、優れた文明を持っていました。道路は整備され、馬車と人が行き交います。街中には商店や浴場、スポーツ施設もあり公共の娯楽施設が充実していました。
 
今日は、ポンペイ遺跡をめぐりながら古代ローマの世界へご案内します。
 

古代ローマ人の道づくりにおける知恵とは?

ポンペイ遺跡の海側にはマリーナ門があり、二つの入り口が見えます。片方は歩行者用で、もう一方は荷車用です。
 
▼マリーナ門
ポンペイ遺跡
 
商業が盛んだった街の中には荷車や馬車がスピードを出し過ぎないようにするための飛び石(大きく飛び出した部分)があります。また、一部には馬車止めの石が設置してあり、市民が安全に歩けるよう工夫がされていました。
 
▼道路に設置された飛び石
ポンペイ遺跡
 
当時はどのようにして夜道を歩いていたのか。ここでもローマ人の知恵が光ります。それが、石畳の隙間に埋められた白い石。夜に月の光を浴びて光るため、暗くても道筋がわかるようになっています。
 
▼石畳に埋められた白い石
ポンペイ遺跡
 

政治・経済の中心地「ファロ」

「ファロ」は人々が集い宗教や政治、経済活動を行う場でした。長方形の形をしており、38m x 157mとかなり大きな広場です。
 
奥には崩れてはいますが、ユピテル神殿の柱が残っています。ジュピター、ユノ、ミネルヴァの3神を祀ったもので、ポンペイで最も重要な神殿です。
 
▼公共の広場「ファロ」
ポンペイ遺跡
 
広場の左右には二階建ての大きな柱があります。広場内には歩行者のみが入れるようになっていたのです。
 
火山灰は6メートルくらい積もり、家々の屋根はその重みでつぶれてしまったと言われています。見上げるほど大きなこの柱も火山灰に埋まっていたので、かなり大規模な噴火だったことがうかがえます。
 
▼広場を囲む柱
ポンペイ遺跡
 

人がいなくなった遺跡で暮らす犬たち

ファロを歩いていると数頭の犬に出会います。人慣れしているのか寄って来ては尻尾をパタパタと振っています。首輪をつけている犬もいて、皆おとなしいです。
 
この子たちは遺跡に暮らす野良犬で、ほとんどが捨て犬。追い出されることもなく自由に遺跡の中で生活しているようです。人が誰もいない遺跡に犬たちが暮らしているとは不思議な光景です。
 
▼遺跡に暮らす犬
ポンペイ遺跡
 
▼観光客の側を歩く犬たち
ポンペイ
 

灰の中から発見された『人の形』

遺跡を進むと、灰の中から発掘された家具やツボが展示されています。古き日々の生活の息遣いを感じることができる場所です。なお、発掘されたものの多くはナポリ国立考古学博物館に収蔵されており、遺跡にあるのは一部を除いてレプリカです。
 
写真⑧挿入「発掘された品々」
ポンペイ
 
部屋の中央にヒト型をした灰色の石膏像が横たわっています。発掘の際に、多くの不思議な形の空洞が現れたため、発掘者達は石膏を流し込んで固めてみました。すると人型が現れたのです。火砕流に飲み込まれた人々の体は灰の中で、腐敗して分解され堆積物の中に空洞だけが残ったのです。
 
表情がわかるほどしっかりとした石膏像で、犠牲になった人々の苦しさが伝わってきます。髪型や服装、年齢、性別までも判別できるのだとか。
 
▼ヒト型の石膏像
ポンペイ
 

ローマ時代の語らいの場『浴場』

室内にある浴場跡を見学してみましょう。きっと、その広さに驚くでしょう。脱衣所、冷浴室、微温浴室、高温浴室と4つの部屋があります。
 
微温浴室のアーチ型の天井には装飾が見られ、保存状態が良いので色味もわかります。
 
アーチ型の天井と装飾
ポンペイ
 
高温室の天井には明り取り用の窓があり、自然光で室内が照らされています。浴場は人々の憩いの場であると同時に情報交換の場でもあったそう。裸の付き合いは世界共通ですね。
 
▼高温室の天窓
ローマ浴場
 

ポンペイ・レッドと呼ばれる美しい壁画

遺跡から北西に少し離れたところにある秘儀荘(Villa dei Misteri)」にフレスコ画の壁画が保存されています。他のフレスコ画と違い、ポンペイの壁画は艶がありますす。
 
灰に埋もれていたことから鮮明な色がそのまま保存されていたと思われていたのですが、この赤い壁画、実は黄色だったのではないか?という説が浮上しています。火山ガスの影響で赤色になったという研究結果が発表されています。これからも調査しがいがある遺跡です。
 
▼ポンペイの壁画
ポンペイ・レッド
 
遺跡にはたくさんの見どころがあります。城壁内には神話に纏わる石像や神殿があり古代ローマの建造物を見ることができます。また、民家や商店跡などは当時の姿を想像して見て周ることができます。イタリアを訪れた際には、ぜひ訪れてみて下さい。
 
文:新すみな(ライター)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ 南アフリカ共和国・ケープタウンへ日本人女性が留学してみた
■ パリを散歩すれば「カワイイ」との出会いが待っている
■ 南アフリカの野生動物と、彼らを守る人々の誇りに出会った
■ 日本人女性もたくさん暮らすバリ島 ? バリ人ってどんな人たち?
■ 女性にも人気のフランス留学


関連記事