異文化交流(留学・ホームステイ・海外旅行)を経験するならば若い頃が良い!その理由とは? ~平井樹美(ライター)


異文化交流1
出典 https://www.pakutaso.com/20130722189post-3010.html 
 
「ある年齢に達してから、もしくは定年退職後などにまとまった時間を持てるようになってから留学・ホームステイ・海外旅行を楽しみたい」という様な意見を聞くことがあります。
 
この意見や選択は、状況によって有りでしょう。
 
しかし、チャンスがあれば若い頃にも留学やホームステイ、海外旅行を経験して下さい。年齢を重ねた時よりも若い頃に留学やホームステイなどを経験した方が良い理由があるのです。
 
それはなぜか?今回は、異文化交流を若い頃に経験した方が良いワケをご紹介します。
 

1. 視野が広がる

異文化交流2
出典 https://www.pakutaso.com/20160140029post-6780.html
 
日本とは違う景色や人々、文化に触れると様々な世界を知ることができます。若い頃は、感受性が豊かです。感性が豊かな時期に海外生活を経験することは、ぐんと視野が広がります。
 
日本を代表する経営者は、若い世代での留学や海外体験の大切さを次のように語っています。
 
ソフトバンク株式会社会長、孫正義氏は文部科学省が官民協働で実施する海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」第1期派遣留学生壮行会のスピーチで、次のように述べています。
 
「アメリカでは多くの学問を学びましたが、それ以上に学んだのは、そこにはいろんな肌の色の人がいて、みんな明るく夢や希望にあふれ、アメリカンドリームを掴もうと、一生懸命に仕事をしていました。(中略)もし16歳の僕が、アメリカという日本以外の国を知らなかったら、今の僕の人生は違うものになっていたでしょう。」(引用元:トビタテ!留学JAPAN http://www.tobitate.mext.go.jp/about/tobitate-channel/index.html )
 
また、島田 精一氏(日本ユニシス特別顧問、津田塾大学理事長)は、若き日にナポリ留学をし、その後イタリアで仕事のトラブルを乗り越えたときの経験について次のように語っています。
 
「そのまま行けば何億円も会社が損をしますから、あの時は本当に会社をクビになるんじゃないかと思いましたね。ただ、若いころにそういう経験をしたお蔭で、自分が責任者だったらどうするか、考えて仕事をするクセがつきました。(中略)どんなときも言い訳はできないですから。起きたことに対して、前向きに一生懸命に取り組んでいけば必ず解決できるということを学びました。」(引用元:経済界 http://net.keizaikai.co.jp/archives/19877)
 
若いうちにこのような経験を積めば積むほど視野が広まり、独創性も深まることでしょう。柔軟性のある心をもった時期に海外生活を経験すると、のちの人生に影響を与える視野を持つといっても過言ではありません。
 

2. 自発性が身に付く

異文化交流4
出典 https://www.pakutaso.com/20130319072post-2533.html
 
留学やホームステイ先では、自発的に行動することが求められる場面が多くあります。「誰かがやってくれるだろう」のような考えは、海外では通用しないのです。学校での授業中の発言、ホストファミリーとのお出かけや日常生活。たとえば、私自身にもこんな体験がありました。
 
カリフォルニアにてホームステイを経験した時のこと。帰国便の件で航空会社に連絡を入れなくてはなりませんでした。もちろん英語でのやり取りです。ホストマザーが電話をかけてくれるのでは?と甘い考えを持っていたのですが「語学勉強の為に自分で電話しなさい」と一言。今思うと、厳しくもありがたい対応だと感じています。
 
海外では特に「自分の事は自分で行う」という事が重視されているので、若い頃の留学やホームステイ経験は自発性が身に付きやすいのです。
 

3. 体力がある

異文化交流3
出典 https://www.pakutaso.com/20131027274post-3322.html
 
若い頃は体力がある為、多少の時差や移動時間は難なくクリアできるので留学やホームステイの渡航先の選択肢が広がります。また、渡航先の選択だけではなく現地での生活中も行動範囲が広がります。
 
もちろん、体力のない10代もいれば、体力のある60代もいます。しかし、多くの場合、年齢を重ねてからの海外経験は、体力や体調の事を考えると選択が難しい国が出てくるのではないでしょうか?
 
「異文化交流(留学・ホームステイ・海外旅行)を経験するならば若い頃が良い!?その理由とは?」はいかがでしたか?若い頃に留学・ホームステイ・海外旅行を経験しておきたい最大の理由は、ずばり行動範囲が広がる体力が大切だと筆者は考えています。若い時と年齢を重ねた時では、渡航先での感じ方や行動の範囲楽しみ方も違ってくるのです。
 
是非とも若いうちに海外へ出かけましょう!!!
 
文:平井樹美(ライター)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ 日本ではなかなかお目にかかれない韓国の3つの習慣・交通編
■ SNSより「文通」が英語力アップに役立つワケ
■ ホームステイ 前に心得ておくべきポイントとは?
■ ホームステイや短期留学時にMust haveな4つのモノ。
■ 女性に人気!韓国留学
 


2016-05-12 | Posted in コラム, 留学スタイル別記事No Comments » 

関連記事