遠距離の国際恋愛が うまくいくコツ ~Maki.C(イタリア在住音楽家/翻訳家)


海外に恋人を持ち、遠距離恋愛に憧れる人もいるかもしれません。国際恋愛には素晴らしい面もたくさんある一方、現実は色々と大変なことも。今回は、イタリア人との遠距離恋愛歴2年の私から、遠距離恋愛のコツ についてお話ししようと思います。
 
遠距離恋愛のコツ
 

1.会える時間が少ないからこそ、電話は楽しく!

電話をする時間が唯一同じ時間を過ごす手段になります。せっかく一緒にお話しする時間は、楽しく過ごすように心がけます。
 

2.相手を信じる

多少返事や電話がなくてもあまり不安がらないようにしましょう。
 
イタリア/日本の場合、その時差は冬が8時間、夏が7時間。どちらかが早起き、夜更かししないと電話ができません。もちろんメールもすぐに帰ってこない事はしょっちゅうです。これで不安になるような、繊細な心は横へ置いておきましょう。寛容さが育まれることも遠距離恋愛の良いところです。
 

3.気持ちをはっきり伝える

イタリアと日本はあまりにも遠く、考え方や国民性が違います。黙っていて、「私の気持ちを言わなくても察してくれる。」なんて事はまずありません。何か気になる事があれば、意見をはっきり言って相手の考えも聞くようにしましょう。これも一つの文化交流です。
 

4.連絡できない事や、会えない事を愚痴らない

会いたい気持ちを伝える事はとてもいい事ですが、あまりにも悲しそうに重たく会えない事を言い続けると、少しずつ相手があなたの事を重たく感じるようになって、関係がうまくいかなくなる事があります。距離と時差がある事は、本当に遠距離恋愛の敵ですが、それを理解した上で付き合い始めたのなら、乗り越えるしかないのです。
 

5.助け合う気持ちを忘れない

あなたが相手の国に行った時、相手が日本に来てくれた時、お互いに助け合わなければいけません。海外は、新しい事ばかりで戸惑うこともいっぱいあります。私たち日本人が英語圏や中国圏へでかけるのなら、説明書きを読んで想像しながら、なんとかなることがあるかもしれませんが、日本語になじみのない国の人たちにとって、日本語の文字は象形文字を見ているようなものです。
 
夏にイタリアから日本に来た友人が換気扇を回そうとして、お風呂場の換気扇のボタンの横にある「乾燥」ボタンを押してしまったことがあります。部屋では冷房をつけているのにどんどん暑くなって、異変を感じた私がお風呂場を除くと蒸し風呂状態になっていたことがあります。イラッとしたけれど、彼らに漢字やひらがなを読めるわけがありません。「こんな事も分からないの。」と思わず、子どもに教えるように1から説明する思いやりを忘れずに。この思いやりのアクションが相手に親切心として伝わり、そのまま信頼となり、ひいてはパートナーとしてかけがえの無い存在へつながります。海外で生活するときは、協力し二人が一つになることが大切なのです。。
 

6.相手を一人の人間として尊重する

日本人カップルでも性格やプライベートを尊重する事は大切ですが、違う国の人は日本の常識では考えられない事を行動したり、大切にしていたりします。相手の気持ちを傷つけないで、いつも以上に理解する心を持ちましょう。たとえば私たちカップルで言うと、イタリア人とは言っても、一人一人個性を持っています。「イタリア人らしくない」とか「イタリア人の癖に」何て思わないようにしています。イタリア人でも、内気な人もいますし、あまり話さない人もいます。また逆にチヤホヤする事もありません。お互いが同じ土俵に立って、尊重し理解し合う事が、良い関係を築き、長く続けるコツです。
 

最後に

あまりにも違いすぎる二人だからこそ、楽しかったり、新しい発見があります。会える時間、お話しできる時間を大切にして一緒に過ごす時間を有意義にするようにしてくださいね。
 
文:Maki.C(イタリア在住音楽家/翻訳家)
この執筆者の記事一覧
 
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ イタリア人男性はマザコン!?
■ 多くのイタリア人が大切にしていること
■ イタリアで交通事故!数分後には「ハグ」。イタリア人の気質が直球すぎる件
■ イタリア人のボディランゲージに学ぶ明るいコミュニケーション術
■ 女性に人気のあるイタリア留学 


2016-05-16 | Posted in イタリア留学, コラム, 国別記事No Comments » 

関連記事