美味しすぎる!美食の国ベルギーは料理の宝庫。 ~サコウ ヤチヨ(クラフトビールバー・オーナー)


ベルギーと言えばワッフルやチョコレート、ビールなどが有名ですが、それ以外にも美味しい料理がたくさん!本記事では、奥深いベルギー料理の魅力をご紹介しましょう。
 

ベルギー発の「日本でおなじみの料理」とは?

「フリッツ(Frites)」とは、日本で言うフライドポテト。ベルギーが発祥ということはあまり知られていません。ベルギーでは専門店もあれば街中のスタンドでもほくほくの美味しいフリッツが食べられます。
 
ベルギーのフリッツ
photo by Jeremy Keith
 
また、先に述べたワッフルも、ベルギーでは種類が2つあるのです。ひとつはブリュッセルワッフル。大きめの長方形で、軽い感じのサクサク・フワフワ。生クリームやフルーツなどをトッピングして食べます。
 
ブリュッセルワッフル
photo by Pascal Subtil
 
もうひとつはリエージュワッフル。丸型で歯ごたえのある割としっかりした生地です。
 
リエージュワッフル
photo by iris
 

ベルギーのとろとろビーフシチュー『カルボナード(Carbonnade)』

カルボナード
 
牛肉のビール煮込みでビーフシチューの一種。ビールで煮込むことによってとろけるような柔らかさに。正しくビールの国に相応しい料理。同じビールを飲みながら食べるのがオツ。
 

トマトと海老のマリアージュ『トマト・オー・クルヴェット(Tomates aux Crevettes)』

トマト・オー・クルヴェット
 
くり抜いたトマトの中にクルヴェットグリーズと言われる北海で獲れる小エビを茹でてマヨネーズソースで和えたものを詰めた料理。このエビは桜エビより大きくムキエビより小さいという日本ではお見かけしないサイズ。
 

ベルギー版クリームシチュー『ワーテルゾーイ(Waterzooi)』

ワーテルゾーイ
 
チキンや魚介をジャガイモやニンジン、リーキ(日本で言う下仁田ネギの様な野菜)と一緒に生クリームと卵黄で煮込んだ優しい味のシチュー。日本のクリームシチューに似た味わいです。
 

ベルギー風タルタルステーキ『フィレ・アメリカン(Filet Americain)』

フィレ・アメリカン
photo by Kyle Taylor
 
生の牛肉ミンチにマヨネーズやスパイスを加えたタルタルステーキ。パンに挟んでハンバーガーとしても。なぜ「アメリカン」という名前がついたのか謎だとか……
 

ニシンと玉ねぎが絶妙『マーチェス(Maatjes)』

マーチェス
 
軽く塩漬けをしたニシンの一種で、みじん切りにした玉ねぎなどと一緒に食べる。5月頃の解禁日以降からあちこちのレストランでお目見え。広場では「ニシン祭り」が開催される日も。
 

ムール貝の白ワイン煮『ムール・マリニエール(Moules Mariniere)』

ムール・マリニエール
photo by Ben Brown
 
ムール貝をセロリなどと一緒に白ワインで蒸した、最近では日本でもお目にかかることが多くなった代表的な料理。バケツほどの大きい専用鍋に1kg以上ムール貝が入っているというインパクトも大!残ったスープも絶品。
 

フランドル風ホワイトアスパラガス(Asperges a la Flamande)

茹でた白アスパラガスに、みじん切りしたゆで卵とパセリそして溶かしバターをかけたベルギーの春の味。ベルギーでアスパラガスといえば、ホワイトです。しかも、ホワイトアスパラガスの専門の屋台までありました。
 

期間は限定!ジビエ(Gibier)

ジビエ
photo by Omid Tavallai
 
狩猟が解禁される初秋から冬にかけて、ウサギやイノシシ、シカ、ホロホロ鳥などを中心に食べることができます。
 
 
他にもまだまだたくさんありますよ。ベルギーはホントに美食の国!未だかつて「ハズレ」たことはありません。もれなく食べきれないほどのフリッツが付いてくることが多いです。(美味しいけどね)
 
せっかくなので、ベルギー料理はベルギービールと共に食すことをオススメします!
 
文:サコウ ヤチヨ(クラフトビールバー・オーナー)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ イギリス・一日プチ料理留学。実際の教室の潜入レポート!
■ アリゾナ州の絶品!簡単・本格タコス
■ 子供から大人まで幅広い人気!アメリカの国民食マカロニ&チーズの魅力
■ 美味しすぎる韓国海苔!その魅力と作り方
■ 料理・パティシエ・パン職人留学プログラム一覧


関連記事