シンガポールのスナック『ガーリック・クラッカー』が美味しすぎる! ~平井樹美(ライター)


こちらの写真、何か分かりますか?
 
シンガポールグルメ1
 
写真の正体は先日シンガポール在住の友人からもらったもので、実は薄くスライスしたニンニク。商品名は「ガーリック・クラッカー」です。
 
シンガポールグルメ2
 
スライスされたニンニクの周りが色鮮やかで目を引きます。シンガポールでは定番のスナックで、適温の油で揚げて頂くのだとか。眺めている限り刺激的なニンニクスナックのお味、さていかに?
 

美味しいニンニクスナックに必要なのは油の温度

美味しく仕上げる為には、油の温度がポイントです。
 
<ガーリック・クラッカーの作り方>
1.適量の油を低温(150~160℃)に設定します。
2.ニンニクスライスを少しずつ入れます。3.ニンニクの表面がプクプクと膨らんできたらできあがりです。
 
様子を見て取り出さないと、すぐに焦げてしまうので注意しましょう。
また、高温の油だと焦げ付いてしまい上手に上げることができないので温度にも注意しましょう。
 

できあがりはこちら。

シンガポールグルメ3
 
口に入れる前はニンニクのにおいがほとんどしません。でも食べてみるとほんのりとニンニクの風味がする。このギャップが美味しさを引き立てています。子供達にも人気でした。
 
なお、生ニンニクをスライスして揚げるだけでは、べたっとしてしまいます。やはり、シンガポールで売っているこのニンニクスライスだからこそうまく行くのです。ニンニクの水分を逃がす加工がされているのでパリッとした感じに仕上がるのです。
 
シンガポールでは、スナックとして食べたり、お酒のつまみやシンガポール名物、チキンライスの付け合わせとして食べます。多種多様なアジア文化が交差するシンガポールならではの、オリエンタルなスナックです。市場などで購入することができるので、シンガポールを訪れた際は是非探してみて下さい。ニンニク好きの方のお土産に!
 
文:平井樹美(ライター)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ 日本ではなかなかお目にかかれない韓国の3つの習慣・交通編
■ SNSより「文通」が英語力アップに役立つワケ
■ ホームステイ 前に心得ておくべきポイントとは?
■ ホームステイや短期留学時にMust haveな4つのモノ。
■ 女性に人気!シンガポール留学
 


関連記事