日本の海外旅行傷害保険 vs 現地の国民保険。得するのはどっち? ~雨宮紫苑(ドイツ在住フリーライター)


留学やワーキングホリデーで海外に滞在するとき、多くの人は、日本の海外旅行傷害保険に加入します。わたしがドイツへ1年間留学したときやワーホリ期間中も日本の民間の海外旅行傷害保険に加入していました。ですが、いまは正規の大学生となり、ドイツの国民保険に加入しています。
 
日本の海外旅行傷害保険と渡航先の国民保険は、どのようにちがうのでしょうか。本記事では、わたしの滞在するドイツを例に、比べてみます。
 

日本の海外旅行傷害保険のメリット・デメリット

日本の海外旅行傷害保険のメリットは、サービスの厚さです。オプションによって変わりますが、緊急帰国や日本語対応の病院の手配、飛行機の遅延、盗難など、さまざまな「万が一」に備えることができます。入っておけば安心です。
 
それに比べデメリットといえば、まず値段です。わたしは1年間の留学のために40万円の保険料を払いました。予算がないとむずかしいでしょう。万全を期して、と思うと、どうしてもお金がかかります。
 
また、病院に行く場合、その病院で加入した保険がきくのかを聞いたあとに受診、そしてその受診した記録をスキャンしてメールで保険会社に送る、という手間がありました。これは保険会社にもよりますが、少し面倒なところはあります。
 
ドイツの場合、ビザのためには、保険は加入していなくてはなりません。「ドイツで使える保険」と「ビザが下りる保険」はちがいますので、注意することも必要です。途中解約ができない場合は、ビザの切り替えなどで困る可能性があります。
 
海外生活に不安をもっていたり、緊急帰国の可能性がある、語学力に自信がない、短期留学で帰国する、という場合は、日本の海外旅行傷害保険の方が安全でしょう。
 

ドイツの国民保険のメリット・デメリット

ドイツの国民保険はというと、医療的に必要だと思われる治療なら基本は無料で、保険料は月1万円以下。わたしは毎月約80ユーロ払っています。顎関節症でマウスピースが必要になったとき、日本では1万円弱かかりますが、ドイツは無料でした。5回やった採血も無料でした。
 
▼わたしの保険証と、かかりつけ医(ホームドクター)による専門医への紹介状
ドイツの保険
 
▼ドイツの国民保険でももっともポピュラーな保険会社“AOK” 。写真はAOK Hessen(ヘッセン州)社屋。
ドイツの保険
 
国民保険のメリットは、病院でスムーズに受診でき、自己負担料、保険料ともに安いことです。また、大学入学や就職時の保険は、民間のものが認められないことも往々にあるので、国民保険なら安心です。
 
それに対し、国民保険のデメリットは、加入条件と保険内容、そして語学力です。
 
国民保険というだけあって、語学学生やワーホリ中の外国人は加入できません。基本的には、正規の交換留学学生や正規入学生、ドイツで働き給料をもらっている人などに限られるようです。
 
保険内容もあくまで健康保険なので、日本の海外旅行傷害保険のような手厚いサービスはありません。損害賠償保険は別に必要となります。また、国民保険で使われるのは基本ドイツ語のため、語学力に自信がない場合は困ることがあるでしょう。
 
加入資格があり、海外生活に慣れていて、ある程度の手続きは自分ででき、お金を抑えたい人におススメです。
 

自分にあった保険を考えよう

わたしは1年の留学の際、日本の海外旅行傷害保険を利用しました。ですが日本語が話せる医者をお願いするために何度も電話をしたり、受診の書類に関してやり取りをしたのが面倒に思えたので、正規入学してからはドイツの国民保険に入っています。
 
一方、こんなこともありました。、留学中に鞄を盗まれ、iPhoneやビザ、ミュージックプレイヤーなどすべてがなくなったのです。ドイツの国民保険では範囲外ですが、日本の海外旅行傷害保険は盗難も適応内だったので、申請していくらかを返金してもらいました。その点では、日本の海外旅行傷害保険は助かります。
 
日本の海外旅行傷害保険とドイツの国民保険。国民保険は加入資格を満たす必要がありますが、両方を選べるのなら、よく比較して決めましょう。ポイントは、ビザや学校、職場が求める保険の条件、緊急帰国などのオプションが必要か、日本語サポートが必要か、です。保険はとても大事なものなので、後悔のないように決断しましょう。

文:雨宮紫苑(ドイツ在住フリーライター)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ ドイツの学食がヘルシーな上にブンデスリーガも観戦できちゃう件
■ キャリアフォーラム参加で見えてきた海外留学生のための就活3つのポイント
■ 学生優遇のイギリス。日本より恵まれているイギリス大学留学3つの『学割』。
■ アメリカ大学留学の強い味方!学生サポートは最大限に利用
■ 女性に人気のドイツ留学


関連記事