【世界の語学学校レポート】ランゲージ・リンクス(Language Links)/オーストラリア・パース


「働きながら英語を勉強したい。」そんな人が注目したい語学学校をご紹介しよう。オーストラリア・パースの中心部に位置するランゲージ・リンクス(Language Links)だ。一般英語コースから試験対策、進学準備、英語教師向けコースなど幅広くコースを展開している。
 
パース語学留学
 
さまざまなコースがあるなかで「働きながら」を実現したい人のために、ランゲージ・リンクスではジョブ・アシスタンス・プログラムという仕事探しサポートのプログラムを持っている。このプログラムでは履歴書の書き方から面接の練習など、仕事に就くためのトレーニングを受講できる。
 
何より嬉しいのが、昼間に働きたい人のための夜間の英語コースだ。
 
夜間の英語コースを持つ学校は他にもあるものの、そこにはある問題が。多くの夜間英語コースは短時間のパートタイム授業なのだ。
 
オーストラリアでパートタイム授業を受講できるのは、特定のビザ保持者に限られている。3か月未満の短期滞在であったり、ワーキングホリデービザのように授業時間数に制限のないビザで渡航する人は問題ないが、学生ビザで渡航する留学生はフルタイム授業が必須。夜間のパートタイム授業ではビザ発給が認められない。
 
その点、ランゲージ・リンクスの場合は夜間であってもフルタイム授業を行っている。週3日通学のコースもある。昼間を自由に使えるとなれば、応募できるアルバイトの幅が広くなり、チャンスが広がる。
 
夜間のコースの授業料は昼間より少し抑え目でもあり、留学費用を安く抑えたい人にとって、ひとつの選択肢ではなかろうか。
 
▼ランゲージ・リンクスは決して大きな学校ではない。筆者訪問時、昼間と夜間合わせての学生数は150人。ほとんどの学生同士が顔見知りで、かなりの割合で名前も一致する。
パース語学留学
 
学生の出身国で最も多いのがブラジル。次いで、コロンビア、イタリア・・・と、なんだかラテンな学生たちが多そうだ。とはいえ、ひとつの国籍は5%以下であることが多く、日本人に至っては今までのところ常時1~3人。パースは決して、日本人留学生があふれかえっているような街ではないが、それにしても学校全体で1~3人とはすごい割合だ。世界広しと言えども、ここまで日本人学生の在籍が少ない語学学校はかなり珍しい。
 
▼図書ルーム。ランゲージ・リンクスには華美な装飾はない。むしろ、実用的で事務所のようでさえある。無用な飾りつけは不要、勉強する環境さえ整っていれば良いという大人には心地よく感じるかもしれない。
パース語学留学
 
それでは、ランゲージ・リンクスで受講できるコースを見て行こう。
 
一般英語コース
一般英語/IELTS準備コース(昼・フルタイム)
一般英語/IELTS準備コース(昼・パートタイム)
一般英語/IELTS準備コース(夜・フルタイム)
一般英語/IELTS準備コース(夜・パートタイム)
 
試験対策、その他
ケンブリッジ英検対策コース
TESOLサティフィケイトIII
ビジネス・マネジメント・サティフィケイトIV
 
▼ランゲージ・リンクス卒業生のMIKIさん。今は公立専門学校であるTAFEへ進学している。インタビューはこちら
パース語学留学
 
TAFEへ進学したMIKIさんのように、ランゲージリンクスでは進学希望の学生のため、西オーストラリア州の大学や専門学校と提携がある。勉強しているうちにもっと学びたくなったり、オーストラリアに永く住みたくなったりしたら、学校スタッフに相談してみてはいかがだろう。
 
提携校例
TAFE西オーストラリア
オーストラリアン・プロフェショナル・スキルズ・インスティテュート
パース・インスティテュート・オブ・ビジネス・アンド・テクノロジー
エディス・コーワン大学
カンティヨン・インスティテュート
DNAキングストン
アカデミーズ オーストラレイジア
 
▼テラスではランチを食べたり、おやつを食べて談笑したり、気持ちの良い日光浴ができる。ランゲージ・リンクスは近々、より交通至便なキャンパスに新規移転を予定しているとのこと。きっとそこでも、学生が集える気持ちよい空間ができるにちがいない。
パース語学留学
 
《まとめ》ランゲージ・リンクスに向いているのはこんな人!
・学校は勉強するところと割り切っている人。
・働きながら通学したい人。
・学生数の少ない学校に行きたい人。
・交通の便が良い学校に行きたい人。
・アジア人の比率が少ない学校を検討したい人。
 
ランゲージ・リンクス(Language Links)ホームページ
http://www.languagelinks.wa.edu.au/
 
▼これらの記事も読まれています。▼
■『世界でもっとも住みやすい街』8位のパース。留学先としては?
■ ぜんぜん内向きじゃない日本の若者たち【オーストラリア・パースの留学生編】
■ 【世界の語学学校レポート】フェニックス・アカデミー(Phoenix Academy)/オーストラリア・パース
■【世界の語学学校レポート】西オーストラリア大学付属語学学校(UWA CELT)/オーストラリア・パース
■【【世界の語学学校レポート】パース・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ(PICE)/オーストラリア・パース
 
 
取材協力:西オーストラリア州政府
StudyPerth(公式・日本語)
Study in Perth Japan Facebook
Study in Perth Japan Twitter

 
文: 若松千枝加(留学プレス編集長・留学ジャーナリスト)
この執筆者の記事一覧
 

 
 


関連記事