【世界の語学学校レポート】パース・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ(PICE)/オーストラリア・パース


カフェやレストランが賑わうオーストラリア・パース中心部に校舎をかまえるパース・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ(Perth International College of English)、通称PICE。パースの鉄道駅からも主要バス停からも徒歩5分圏内という便利な立地だ。周辺にはアート・ギャラリーやタウンホール、パース市立図書館など文化的な施設も多い。今日は、英語初心者から入学オッケーというこの学校訪問をレポートしよう。
 
▼PICEはパース中心部の目抜き通り、マレー・ストリート(Murrey Street)に面したビルの上階にある。
DSCN0081
 
▼1階にはコンビニエンスストアがある。スナックや飲み物はここで調達。
パース留学
 
▼日本食レストランもすぐそばに。
パース留学
  
PICEでは初心者から上級に至る様々なレベルの生徒が学んでいる。最も多いのが一般集中英語コース。週23時間の授業が行われ、コミュニケーション重視のカリキュラムのもと、リーディング・ライティング・スピーキング・リスニングを総合的に伸ばすことが目的だ。一定以上の英語力に達すると、午後の科目は自分で好きなものを選択できる。選択科目はビジネス英語、進学準備英語、ボキャブラリー・リスニング・スピーキング強化などだ。
 
一般英語コースには週15時間授業のパートタイムコースもある。先述の選択科目を除いた総合英語コースだ。短期留学で午後の時間をフルに自由に使いたい人や、予算を抑えてステイしたい人にはこちらが良いだろう。なお、学生ビザで渡豪する人はパートタイムコースは法律上受講することができないので注意しよう。
 
進学準備英語コースは大学などへ進学したい人に最適だ。IELTSやTOEFL(r)といった英語試験の対策テキストも積極的に使う。コミュニカティブ・アプローチと呼ばれる教授法のもと、より自発的に積極的に授業に参加するメソッドを学ぶ。
 
ケンブリッジ英検コースでは10~12週間のまとまった集中試験対策が行われる。英語力が注上級に差し掛かったら、このような試験対策コースで大幅なレベルアップにチャレンジすると留学の成果が出やすいだろう。
 
▼ひとクラスの平均人数は12~15人。全ての教師がオーストラリア政府公認資格を持ち、学校スタッフには進学や進路に関するカウンセリングもできる。
DSCN0110
 
▼クラスと担当講師がこのように貼りだされている。
英検対策コース
 
▼PICEで出会った日本人留学生のKANAさん。目下IELTS対策の猛特訓中。彼女の留学インタビューはこちら
PICEパース
 
《まとめ》パース・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュに向いているのはこんな人!
・まだあまり英語力に自信がない初級者。
・英語力は中級レベルだけど大規模すぎる学校だと気おくれしそうな人。
・進学やキャリアを目指したい気持ちがある人。
・町中心部で効率よく便利な毎日を送りたい人。
・IELTS対策をしっかりやりたい人。
 
PICEホームページ http://www.pice.com.au
 
 
▼これらの記事も読まれています。▼
■『世界でもっとも住みやすい街』8位のパース。留学先としては?
■ ぜんぜん内向きじゃない日本の若者たち【オーストラリア・パースの留学生編】
■ 【世界の語学学校レポート】ランゲージ・リンクス(Language Links)/オーストラリア・パース
■ 【世界の語学学校レポート】フェニックス・アカデミー(Phoenix Academy)/オーストラリア・パース
■【世界の語学学校レポート】西オーストラリア大学付属語学学校(UWA CELT)/オーストラリア・パース
 
 
取材協力:西オーストラリア州政府
StudyPerth(公式・日本語)
Study in Perth Japan Facebook
Study in Perth Japan Twitter

 
文: 若松千枝加(留学プレス編集長・留学ジャーナリスト)
この執筆者の記事一覧
 

 


関連記事