東京福祉大学、2017年4月から新たに「国際教育専攻」を設置。多国籍児童に対応できる教員育成へ。


東京福祉大学では2017年4月から、教育学部に新たに「国際教育専攻」を開設。従来の教員養成課程を「学校教育専攻」として、2専攻体制となる。希望に合わせて入学後に選択できる。
 
【東京福祉大学 教育学部教育学科 新コース編成】
 
■国際教育専攻
・国際教育コース(2017年4月新設)
グローバル化する社会の中で、多国籍児童に対応できる国際理解力を備えた教員を育成するため、海外の協定大学との交換留学制度も活用(※日本人学生のみ)した国際的なカリキュラムが特色。
 
・日本語教育コース
 
■学校教育専攻
従来の教育学部教育学科と同様の教員養成課程。入学後に取得したい教員免許状ごとに5つの専修に分かれ、それぞれのカリキュラム履修で教員採用試験の合格をめざす。
 
(留学プレス編集部)
 


2016-08-24 | Posted in キャリア, ニュースNo Comments » 

関連記事