イギリス留学中にヨーロッパから来た留学生たちと交流を深めるコツ~首藤 加奈子(フリーランスライター)


イギリス留学で語学学校に通うと、ヨーロッパ中から英語を勉強するために来ている学生たちと、友達になることができます。そんな彼らと打ち解け、楽しく交流を深めるために大切なのは、どんなことでしょうか。本記事では、留学期間をさらに充実したものにするために、たくさん友達をつくって交流を深めるコツについてお届けします。
 
5192120094_3ce4a6457a_z
Photo from Flickr Advanced Class(Shane Global)
 

各国の「ありがとう」を覚えて距離を縮めよう

『外国で英語を勉強する』というのは、ワクワクすることであると同時に、とても緊張するものです。そんな時、知らない人から日本語で「コンニチハ」「アリガトウ」と言われると、嬉しい気持ちになりますよね。とくに、留学を始めて間もない頃は、不安でいっぱいなので、なおさらです。
 
留学生同士、みんな同じ気持ちです。語学学校の友達に、相手の国の言葉を一つでも覚えて、気軽に挨拶してみましょう。イギリスには、スペイン、イタリア、フランス、オランダ、ドイツなどの近隣ヨーロッパ諸国から留学生が来ています。
 
「こんにちは」を覚えるのも良いですが、おすすめなのは「ありがとう」です。何かしてもらった時などに「Thank you」と同時に「グラシアス」「グラッツェ 」「メルシー」と相手の国の言葉で「ありがとう」を言ってみましょう。そうすると相手は、「わざわざ自分の国の言葉で挨拶してくれた!」と思って嬉しく感じ、距離もぐっと縮まります。
 
「日本語ではなんて言うの?」と聞かれることもあるでしょう。そんな会話をしながら、自分たちの国の言葉を教え合うことで、たとえ英語がままならなくてもどんどん距離が縮まっていくのです。
 

相手の国や文化に興味を持つ

語学学校のクラスメイトたちはとても国際色豊かなので、色々な違った文化の話をすることができます。
 
英語ではまだうまく話すことができなくても、みんな自分の国のことを知ってもらいたい、と思っています。だからこそおすすめなのは、相手の国について興味を持ち質問する、ということです。
 
自分の国について話すことももちろん大切ですが、相手の国に興味を持ち、もっと知りたいと思うことは、交流を深める上でとても大切です。どんどん話が進むことで、「話しやすい!」と感じてくれるのです。
 
語学学校では、留学が終わった後もずっと仲良くできるような、一生の友達ができるかもしれません。関係がずっと続けば、お互いの国を旅行し合う仲になる可能性もあります。色々な国の文化に興味を持つことによって、自分の世界もさらに広がっていくでしょう。
 

日本の友達ともなるべく英語で会話する

留学中には日本人の友達もできるでしょう。遠い外国での日本人同士は、情報交換をしたり、一緒に日本食を食べたりと、貴重な存在です。だからといって日本語でいつも会話していると、日本人以外の友達は会話に入ってくることができません。
 
おすすめなのは、日本人同士であっても英語で会話することです。周囲の人も会話の内容が分かるだけでなく、あなたの英語の上達にもつながります。日本語の文法で考えている日本人同士だからこそ、英語でどのように言ったら良いのか、教え合うことができるのです。
 

パーティーや交流会に積極的に参加する

15422518493_a565ae8775_z
Photo from Flickr International party(Su-May)
 
イギリス留学をしたからには、パーティーなどの交流の場に、積極的に出かけましょう。「あまりパーティーは好きではない」という人も、だまされたと思って一度出かけてみれば、きっと気の合う友達が見つかります。
 
留学生は「友達を作りたい!」「もっと英語で話したい!」と思っている人がほとんどです。あなた同様、普段はパーティーに行くような性格でない人も、友達作りのためにあえて参加しています。自分と同じような価値観の人、日本に興味を持っている人に出会うには、まず人が集まる場に出かけていくことが一番です。
 
語学学校以外には、趣味や好きなものを共有している人同士が集まるサイト「meet up」などを利用して、同じ趣味を持った人の交流会に参加するのもおすすめです。読書会やワインテイスティングの会、ハイキングの会など、様々な種類があるので、きっとあなたの趣味に合うものが見つかるでしょう。
 

恥ずかしがらずに輪に入ろう!

ヨーロッパ諸国の多くの留学生は、日本人に比べてよく話し、英語力も確かに高いです。けれど、恥ずかしがって輪に入らずにいるのはもったいない。勇気を出して、会話に入っていきましょう。
 
実は、ヨーロッパ諸国から来ている留学生やイギリス人は、日本という遠く離れたミステリアスな国に、とても興味津々です。勇気を出して一歩踏み出すことで、とても親切にしてくれますし、一気に仲良くなれます。
 
最初に話すきっかけを見つけた時には、笑顔で「仲良くしたい」という気持ちを表すことが大切です。お互いの緊張がほぐれてしまえば、あとはぐっと距離が縮まります。ぜひ、恥ずかしいという気持ちを捨てて、積極的に会話の輪に入っていきましょう。
 
文:首藤 加奈子(フリーランスライター)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も読まれています》
■ イギリスではアフタヌーンティーより「クリームティー」
■ イギリスで習う本場のアフタヌーンティー(1)『教室一日体験』
■ イギリス・一日プチ料理留学。実際の教室の潜入レポート!
■ 年間の祝日8日、イギリスは休みが少ない?
■ 女性に人気のイギリス留学


関連記事