留学先で自転車を乗りこなそう《サンディエゴ編》~Yummy Hashi(カリフォルニア在住ライター)


まだまだ車社会のアメリカにあって、サンディエゴは自転車で通勤する人や、サイクリングを楽しむ人、マウンテンバイクでトレーニングに励む人たちをよく見かけます。自転車で語学学校に通う留学生もいます。サンディエゴは自転車用の道路整備が広がりつつあり、自転車を停めるスタンドもたくさんあります。気候もいいため海岸沿いを走るのもいい気分転換になります。
 
留学先で自転車通学
 
自転車を乗りこなせるとかなり行動範囲が広がり、留学先では自転車が強い味方になります。今回はサンディエゴを例に、留学先で自転車に乗る上でのアドバイスや注意点について紹介します。
 

自転車の交通ルール

カリフォルニア州では自転車は専用レーン以外では車道を走ります。自転車の運転中は基本的には車と同じ交通ルールを守らなくてはいけません。ルール違反をした場合は、違反切符を切られることがあります。
 

自転車を停める時の注意点

日本のようなロックの仕方ではいけません。バイクもろとも盗難にあう可能性大です。バイクスタンドにチェーンや専用のロックで固定します。その際に自転車のフレームとバイクスタンドを一緒に固定することが肝心です。写真を参考にしてください。
 
留学先で自転車通学
 
タイヤ部分だけをスタンドに固定すると、自転車本体が盗まれる可能性があります。タイヤ、特に前輪を本体から外すのはとても簡単なのです。本体のフレーム部分をスタンドに固定しておくとタイヤは盗まれたとしても、本体フレーム=1番高価な部分は守ることができます。写真のようにタイヤ+本体フレームの両方を固定するぐらいが安全だと言えます。
 

長距離移動の場合はバス・トロリーを利用しよう。

サンディエゴのバス・トロリーは自転車を乗せることが出来ます。行動範囲がぐっと広がります。
 
バス:自転車の乗せ方
バスが停留場に着いたら、正面のバイクスタンドを降ろします。ぎゅっと握って降ろしてください。スタンドに自転車を乗せてタイヤをロックします。
 
留学先で自転車通学
 
留学先で自転車通学
 
自転車を降ろすときは、タイヤのロックを外し、もし他に自転車がない場合はスタンドを元の位置に戻します。
 
トロリー:自転車の乗せ方
トロリーが着いたら扉にあるボタンを押し、扉を開けます。
 
留学先で自転車通学
 
自転車を乗せるのに十分なスペースがあることを確認します。もし他の人が自転車を乗せていたら、車両を変更し、自転車と一緒に乗り込みましょう。
 
留学先で自転車通学
 

レンタサイクルを利用しよう

最近サンディエゴで増えているのがDECOBIKEというセルフレンタル自転車です。
 
留学先で自転車通学
 
料金は30分5ドル、1時間7ドル、2時間12ドル、それ以降は30分5ドルとなります(2016年11月現在)。クレジットカードで借りることができ、借りた場所でないステーションでも返せます。
 
留学先で自転車通学
 
自転車に乗って出かけることは、身体にも環境にもいいことです。リフレッシュのため、ちょっとした買い物など、留学生にとって大きな助けになること間違いありません。自転車を使える留学先がどうか、そんなことも留学先選びのポイントになるかもしれません。
 
文:Yummy Hashi(カリフォルニア在住ライター)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も読まれています》
■ サンディエゴでお得にヨガを体験
■ 今年のサンディエゴで絶対行くべきテーマパーク「シーワールド」
■ もらう方もあげる方も嬉しいカリフォルニアのお土産8選
■ こんなに違う!アメリカと日本の大学生活
■ アメリカ留学プログラム一覧


関連記事