ニュージーランド留学・ワーキングホリデー渡航がより便利に。ニュージーランド航空、来夏に羽田発着便を就航。


ニュージーランド航空は既存の成田空港、関西国際空港に加え、2017年7月21日より、新たに羽田空港発着便の運航を開始すると発表。現在、ニュージーランド航空は成田国際空港から週7便をデイリーで運航、12月1日から3月25日は週10便で運航しているほか、西日本では関西国際空港-オークランド線の季節便(週3便)を運航している。 2017年7月21日から羽田-オークランド便が週3便追加されることにより、日本からニュージーランドへ留学やワーキングホリデーで渡航するフライトの選択肢が増えることとなった。
 
ニュージーランド航空
 
羽田-オークランド便は月・木・土曜日に羽田空港を出発。オークランド-羽田便は、水・金・日曜日にオークランドを出発する。(機材はボーイング787-9型機)
 
ニュージーランド航空日本・韓国地区支社長のクロヴィス・ペリエは次のように述べた。
 
「既存の成田便、大阪からの季節便にこの羽田便が加わることで、お客様の旅行ニーズにより柔軟にお応えできるようになります。日本国内の各都市から羽田空港を経由してオークランドへよりスムーズな乗り継ぎが可能となり、また羽田便はオークランドに昼過ぎに到着するので、ニュージーランド各地にその日のうちに移動が可能となります」
 
「さらに、羽田に向けてオークランドを午後出発するため、ニュージーランド各地方都市からの乗り継ぎがスムーズです。ニュージーランドから東京を訪れる旅行者の皆様にとっても、 便利なものとなるでしょう」
 
「観光産業がニュージーランドと日本において共に成長を続けるなかで、2019年ラグビー・ワールドカップの日本開催や2020年東京オリンピック等を見据えるこれからの数年間、ニュージーランド航空は日本路線をより強化していきたいと考えています」
 
日本からニュージーランドへの訪問者数は2016年10月時点で年間97,312人、日本を訪れるニュージーランド人は同期間で年間32,920人。
 
羽田便就航に関する詳細は公式サイトの下記ページにて。
http://www.airnewzealand.jp/flights-to-auckland-nz92-nz91-2017
 
(留学プレス編集部)
 


関連記事