クリスマスの翌日は街のお店が大混雑。「ボクシングデー(Boxing Day)」って一体何の日?~花沢日向(ライター)


家族など大切な人たちとの時間を楽しんだり、街中がイルミネーションで彩られたり、世界中で賑わうクリスマス。その翌日、12月26日が「ボクシングデー(Boxing Day)」という日であることをご存知でしょうか。
 
ボクシングデーがあるのは、イギリスやノルウェー、スウェーデン、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、香港などの国です。あまり聞き慣れないボクシングデー。スポーツのボクシングを思い浮かべるかもしれませんが、何の関係もありません。
 

ボクシングデーの「ボクシング(Boxing)」って?

ボクシングデーという名前の由来はいくつか説がありますが、その中でも有力なのが以下の2つと言われています。ボクシングデーがどのような日だったのかは、その由来からわかるでしょう。
 
(説・その1)
大土地所有者の屋敷に仕える使用人たちは、12月25日のクリスマス当日も普段と同様に働かなければならなかった。見返りとして使用人たちは翌日26日に休日をもらった。その休日、使用人たちは主人からお金や贈り物が入った箱“Box”をもらい、家に帰って家族と一緒に過ごすことを許された。
 
(説・その2)
クリスマスの前に、教会が貧しい人たちのために寄付箱を設置して寄付を募った。そして教会は翌日26日に、箱“Box”を開けて集まった寄付を貧しい人々に配った。
 
箱“Box”にまつわる習慣から、「ボクシングデー(Boxing Day)」と定められたと言われているのです。
 
ボクシングデー
 

今のボクシングデーはどんな日?

ボクシングデーの由来は前述の通り。しかし、現在のボクシングデーは「バーゲンの初日」というカラーが強くなっています。この日から、大型ショッピングモールや高級ブランド店が一斉に大幅な値下げセールを行うのです。
 
多くのお店が閉まり、家族と家で過ごすクリスマス当日とは対照的に、ボクシングデーはたくさんの人々で街中のお店が賑わいます。
 
年に一度の大きなセール、普段手を出せない高級ブランド品も、この日であればお得にお買い物ができるかもしれません。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
 
文:花沢日向(ライター)

この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も読まれています》
■ ワイン初心者でも楽しめる、11月のフランスのワイン祭り「栄光の3日間」
■ 夏の始まりを告げる『メモリアルデー』アメリカでの過ごし方
■ オレンジを投げ合って大人が本気で戦う!イタリア・イヴレアのお祭り
■ チェコの祝日「魔女焼きの日」って何の日?
■ 女性のための留学情報


関連記事