アメリカ留学生なら知っておきたいアメリカンフットボール (2)~Yummy Hashi(カリフォルニア在住ライター)


アメリカ留学生なら知っておきたいアメリカンフットボール(1)』では、アメリカンフットボールがアメリカ生活に浸透している模様とスーパーボウルについてご紹介しました。
 
後半となる本記事では、アメリカンフットボールチームの名前にスポットをあてます。アメリカの歴史と深くかかわりのあるチーム名。チーム名を知ることで、アメリカ各地の社会や背景が見えてきます。それではご紹介していきましょう。
 
アメリカンフットボール
Photo from Flickr “view from section 316, row cc, seat 28” Paul Joseph
 

ダラス・カウボーイズ(Dallas Cowboys)

テキサス州アーリントンに拠点を置くカウボーイズは、1960年に創設されました。創設当時、テキサス州で数千人が活躍していたカウボーイにちなんで付けられました。また、カウボーイズは正義の象徴でもあります。現在でもテキサスはカウボーイの街として知られ、カウボーイハットやカウボーイブーツを身に着け、馬に乗りこなす人を見かかることができます。
 

サンフランシスコ・フォーティーナイナーズ(San Francisco 49ers)

カリフォルニア州サンタクララに拠点を置く49ers(フォーティナイナーズ)の由来はカリフォルニアのゴールドラッシュと関係しています。1848年にカリフォルニアで金鉱が発見され、1849年にサンフランシスコに集まった開拓者に敬意を表し、シンボルとしたのもです。カリフォルニアの州都、サクラメントにはゴールドラッシュやカリフォルニアの歴史が学べる、サクラメント歴史博物館(Sacramento History Museum)があります。
 

ワシントン・レッドスキンズ(Washington Redskins)

メリーランド州ランドオーバーに拠点を置くレッドスキンズはインディアン、アメリカ先住民族に対する敬意を表したことに由来しています。一方、「レッドスキン=赤い肌」という名称が人種差別を表現しているとし、名称変更を求める声があり裁判沙汰にもなっています。今だに解決していないこの問題ですが、チームオーナーは、蔑称として使っているのではないとし、名称変更する気はないようです。
 

ピッツバーグ・スティーラーズ(Pittsburgh Steelers)

ペンシルベニア州ピッツバーグに拠点を置くスティーラーズは、1933年のチーム創立当時、ピッツバーグがSteel=鉄鋼業が盛んだったことに由来しています。現在のピッツバーグは医療やコンピューター、エレクトロニクスなどのITの街として変身をとげましたが、鉄鋼の街としての誇りもいまだに残っています。
 

グリーンベイ・パッカーズ(Green Bay Packers)

ウィスコンシン州グリーンベイに拠点を置くパッカーズは、1919年のチーム創設当時、地元の缶詰会社(Packing Company) から資金援助を受けており、その会社のためにつけられた名前です。ちなみに現在、この缶詰会社はスポンサーではありません。現在は多くの市民・ファンがこのチームを支えており、唯一オーナーが存在しないチームです。専属のチアリーダーも存在せず、地元の大学生チアリーダーが活躍しています。
 

テネシー・タイタンズ(Tennessee Titans)

テネシー州ナッシュビルに拠点を置くタイタンズは、本拠地であるナッシュビルが「南部のアテネ」と異名を持つことから、ギリシャ神話のタイタンに由来して付けられました。ナッシュビルは1897 年に開催された万国博覧会の際、古代建築物を模倣した多くの 建物が建設されました。ギリシャのものと全く同じ大きさで復元されたパルテノン神殿が有名で観光地としても知られています。
 

ミネソタ・バイキングス(Minnesota Vikings)

ミネソタ州ミネアポリスに拠点を置くバイキングスは、8~10世紀にヨーロッパを侵略したスカンジナビアの海賊=バイキングに由来しています。ミネソタ州には北欧・スカンジナビア半島からの移民が多く、彼らが文化の中心となっていました。もちろん、彼らが本当の海賊だったわけではありません。
 
アメリカンフットボール
 
国民的スポーツ、フットボールの裏側にはさまざまな文化や歴史との関わりがあったのですね。少しでもフットボールについて知っておくと、アメリカ人と話すきっかけにもなり、話題に困ったときにも役立ちます。
 
文:Yummy Hashi(カリフォルニア在住ライター)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も読まれています》
■ サンディエゴでお得にヨガを体験
■ 今年のサンディエゴで絶対行くべきテーマパーク「シーワールド」
■ もらう方もあげる方も嬉しいカリフォルニアのお土産8選
■ こんなに違う!アメリカと日本の大学生活
■ アメリカ留学プログラム一覧


2017-01-10 | Posted in アメリカ留学No Comments » 

関連記事