検定教科書や学習参考書を手がける桐原書店、フィリピンセブ島の語学学校と資本業務提携


検定教科書や学習参考書の出版を手がける株式会社桐原書店は、フィリピンにある語学学校、Firstwellness English Academy社との資本業務提携を発表した。
 
高等学校向け英語検定教科書や英語学習参考書、オンライン英語学習サイト提供会社との資本提携による教材・サービス提供などを展開してきた桐原書店は、今後は学習ツール、オンライン会話レッスン、語学留学コースを開発し、大きく変わることが予想される大学入学試験に対応した総合プログラムを提供する計画。
 
桐原書店社長 斉藤智氏とFirstwellness English Academy社代表 佐藤大悟氏は次のようにコメントしている。
 
(株式会社桐原書店代表取締役社長 斉藤智氏)
「学校で勉強していればふつうに英語が話せるようになる」という、私たちが目指す理想の実現に向けて、また階段をひとつ上がることができたと感じています。英語を話せるようになるには、話す練習が欠かせません。その機会を手軽に、かつ安価に提供することで、桐原書店の教科書・教材の学習効果をさらに実感していただけると信じています。」
 
(Firstwellness English Academy社代表 佐藤大悟氏)
弊社は「クオリティを求めたフィリピン・セブ島のホテル留学」をモットーにサービスを提供してまいりました。今後は株式会社桐原書店との資本業務提携によって得る大きな信用を武器にして、提供サービスを拡大していきたいと思っております。今後の協業を楽しみにしていただければ幸いです。
 
(留学プレス編集部)
 


関連記事