アイルランド文化を体験できる「アイラブアイルランド・フェスティバル」東京で開催。セント・パトリックス・デー・パレードは全国14ヵ所で。


アン・バリントン駐日アイルランド大使が、2月22日(水)、今年開催されるセント・パトリックス・デー関連イベントについて発表。 「セント・パトリックス・デー・パレード」が東京から沖縄まで全国14ヵ所で行われるほか、東京の代々木公園では、 家族みんなでアイルランド文化を体験できるイベント「アイラブアイルランド・フェスティバル」が3月18日・19日の2日間にわたって開催される。
 

▲セント・パトリックス・デー2017イベント発表記者会見 (Photo by Dermot Killoran, Calderwood Images)
 
「セント・パトリックス・デー」は、5世紀にアイルランドへキリスト教を伝えたアイルランドの守護聖人、聖パトリックを記念する日。アイルランドでは1,200 年以上、アメリカでも250 年以上もの歴史がある祝日。毎年アイルランドのシンボルカラー・グリーンを身につけ、世界各地でパレードやパーティーが催される。
 
今年は、ドン・キホーテ(全国15店舗)、キッシーズ、クレアーズの各店で、セント・パトリックス・デーに身につけられるグリーンのグッズが販売されるほか、全国のイトーヨーカドーでもキャンペーンが展開される。
 
バリントン大使は、 次のように述べた。
「セント・パトリックス・デーは、 アイルランドにまつわる全てのものを祝う、 世界的なお祭りです。 日本でもこのお祝いがますます大きく、 素晴らしいものになっていることを喜ばしく思います。
 
2017年はアイルランドと日本の外交関係樹立60周年であり、 また、 セント・パトリックス・デー・パレード東京が25回目の開催を迎えます。 この記念の年をきっかけに、 更に多くの方が、 グリーンを身につけてイベントに参加してくださることを期待しております。
 
皆さま、 お近くのフェスティバルやパレードにご参加いただき、 セント・パトリックス・デーをご一緒に楽しみましょう。私どもが世界に誇る文化を体験いただければと存じます。 その際はぜひ、 グリーンを身につけてお出かけください!」
 
(留学プレス編集部)
 


関連記事