法政大学、英語学位プログラム「グローバル経済学・ 社会科学インスティテュート(IGESS)」を開設。


学校法人法政大学が、全ての授業を英語で行う新プログラム「グローバル経済学・社会科学インスティテュート(IGESS)」を2018年9月に開設すると発表した。
 
法政大学では2008年4月にグローバル教養学部(GIS)、2015年9月にイノベーションマネジメント研究科のグローバルMBAプログラム、2016年9月に情報科学・理工学研究科横断型英語学位プログラム(IIST)・経営学部のグローバルビジネスプログラム(GBP)・人間環境学部の持続可能社会共創プログラム(SCOPE)と5つの英語学位プログラムを開設している。IGESSは多摩キャンパスに開設され、経済学士を授与する6つ目の英語学位プログラムとなる。
 
■名称
グローバル経済学・社会科学インスティテュート
Institute for Global Economics and Social Sciences
 
■開設日
2018年9月開設
 
■キャンパス
多摩キャンパス(最初の3セメスターは市ケ谷キャンパス)
 
■募集人員
20名(経済学部経済学科)
 
■対象
グローバル経済学を英語で学びたい外国人留学生及び日本人学生
 
■目的
専門知識を応用し、課題解決に取り組み、サステイナブルな社会を構築できるように、次のような能力の涵養を目指す。
a. サステイナブルな経済・社会を理解・分析できる能力
b. グローバルな経済問題を捉え、分析できる能力
c. 異文化の深い理解に基づくコミュニケーション能力
d. 他者と積極的に関わり、課題解決に取り組む能力
経済学の専門知識を有し、サステイナブルな社会を構築できるグローバル人材を育成。
 
■学位
経済学士
 
■学費
GBP、SCOPEの学費と同程度(参考:2017年度1年次学費1,436,000円)
 
■ウェブサイトは2017年6月に公開予定。
 
■入試方法(予定)
書類審査による自己推薦入試
志望理由書、英語資格試験(TOEFL(R)・IELTS・TOEIC(R)等)結果などをもとに審査。
 
■入試日程
出願期間 2018年3月(予定)
合格発表 2018年5月(予定)
 
■入学時期
2018年9月
 
(留学プレス編集部)


2017-03-16 | Posted in ニュースNo Comments » 

関連記事