留学・語学教育事業のEF、日本アイスホッケー連盟指定選手らへ英語の強化サポートを提供。


留学・語学教育事業を展開するイー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社は公益財団法人日本アイスホッケー連盟と公式語学トレーニング・パートナーシップ契約を更新したことを発表した。昨年に引き続き、日本アイスホッケー連盟が指定する選手ならびにスタッフに対し、同社運営のオンライン英語教材を無償で提供。さらに日本アイスホッケー連盟が主催する強化合宿へEFから英語教師を派遣する予定。
 

 
イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社代表取締役社長、サンチョリ・リー氏は次のように述べた。
「平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック日本代表選手団のオフィシャルパートナー(語学トレーニング)であるEFが、日本アイスホッケー連盟の公式語学トレーニング・パートナーも務めさせて頂けることを大変光栄に思います。アイスホッケー女子日本代表チームの皆さんは、世界各国の代表が集まるオリンピックに日本代表として出場するだけでなく、“平和でより良い世界の実現に貢献する”というオリンピック精神を担い参加することでもあります。選手の皆さんが厳しいトレーニングの合間に、自ら語学力向上に取り組む姿勢はとても素晴らしいと思います。EFは、文化、国籍など様々な差異を超え、選手の皆さんが世界中の方々とコミュニケーションを図り、日本の素晴らしさを伝えるとともに、他国の理解を深める機会を提供できることを誇りに思います。」
 
(留学プレス編集部)


2017-05-08 | Posted in ニュースNo Comments » 

関連記事