日米両国政府による留学制度『2018年度 フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラム』奨学生募集開始。


英語教員・英語教員免許保持者、または将来英語教育に携わる意志のある人を対象とした、「2018年度フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラム」奨学生(以下 FLTA)の募集が日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)により開始された。
 
【募集内容】
■応募期間
2017年6月~2017年8月31日
 
■応募方法
応募者はオンラインアプリケーションを米国協力機関に提出し、必要書類を日米教育委員会まで郵送にて提出。(2017年8月31日消印有効)詳細はウェブサイトで確認のこと。
http://www.fulbright.jp/scholarship/programs/flta.html
 
■募集人数
15名
 
■奨学期間
9ヶ月間(2018年8月~2019年5月)
 
■派遣先大学
2018年春決定
 
FLTAプログラムは、アメリカの大学で1学年間(9ヶ月)日本語を教えながら、各学期にアメリカ研究や教授法についてのクラス2コースを受講することができるプログラム。またFLTAは、日本の文化や価値観を理解してもらうため、大学のサークルや近隣地域の人々との交流を推進し、帰国後には米国の大学で習得した英語教育のスキルや米国社会・文化の知識を教育現場に還元することを期待されている。
 
▼FLTAプログラム奨学生

 
(留学プレス編集部)


関連記事