グローバル人材のニーズ高。グローバル転職求人倍率、2016年12月以来の高水準に。


2ヵ国語以上の言語でビジネスレベル以上のスキルを条件とする求人と、そのスキルを持つ転職希望者の需給バランスを算出した『グローバル転職求人倍率(※)』が 2016年12月以来の高水準になったことをバイリンガル転職・求人情報サイトDaijob.comを展開するダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社が発表した。
 

2017年6月のグローバル転職求人倍率は前月比0.34ポイント増の1.58倍。求人数が前月比140%なのに対し転職希望者数は前月比110%で、グローバル人材のニーズの高さがうかがえる。
 
職種別では「電機(電気/電子/半導体)技術系」が最も高くなった。「メディカル/医薬/バイオ/素材/食品技術系」は求人数が前月比では減少したものの、転職希望者が少ないため高倍率となっている。「マーケティング/PR」については転職希望者は前月比で減少するなか求人数が前月比より増加。
 
業種別では「農林水産・鉱業」が最も高く、次いで「製造業」となっている。

※=転職求人倍率=求人数÷転職希望者数
 
(留学プレス)
 

 


2017-08-04 | Posted in キャリア, ニュースNo Comments » 

関連記事