オーストラリア留学・ワーホリ中のアルバイトの見つけ方【メルボルン編】~木村加奈(旅行ライター)


学生ビザでの留学やワーキングホリデーでオーストラリアに行くなら、現地でどうやって仕事を見つければいいのかを知っておきたいもの。今回は、オーストラリアでのアルバイトの見つけ方【メルボルン編】をお届けします。(※注:学生ビザを持たずに留学する学生のアルバイトは許可されていません。)
 

 

バイトを見つける前に履歴書(レジュメ)用意

まずアルバイトを見つける際に必要になるのが、履歴書(レジュメ)です。レジュメは自分を売り込む武器ですので、妥協せず、真剣に取り組んでください。
 
日本の履歴書とは、様式も異なります。手書きで書く必要はありませんし、写真も必要ありません。ワードなどで作成し、印刷するだけです。自分のセールスポイントを分かりやすく記入することがポイントです。
 
また、レジュメは何枚か必要になるケースが多いので、10枚以上事前に印刷して準備しておくとよいでしょう。
 

アルバイトの見つけ方

(1)まずは街を歩く
自分の住んでいる場所の近くや、働きたいエリアがあればその周辺を歩いて各店舗に求人はないか聞いて、レジュメを配りまくります。この方法は、かなり体力を使いますし精神的にも大変なことではありますが、時給・待遇がよく、英語環境で働きたいと思っている方にとっては有効です。ぜひこの方法で頑張ってください。
 
まずお店に明るく入っていき、店員に声かけをします。店員に求人をしているかを聞いてもいいですが、確実な方法はマネージャーと直接お話しすることです。「マネージャーはいますか」と聞き、いる場合は「仕事を探しているんですが」と相談してください。マネージャーが不在の場合は、いつならいるか聞き、その時間帯にまた出直してください。
 
店員にレジュメだけを渡して、帰るという方法もあるものの、店員が伝えそびれていることもあります。そのため、最初からマネージャーに声かけをした方が確実です。
 
もし、店員がレジュメを置いておいたら渡してあげると好意で言ってくれた場合は、言葉に甘えてレジュメを託しましょう。しばらくたっても連絡がこない場合は、再度そのお店に訪ねて聞いてみてください。
 
また、求人中の店舗は窓や扉などの目立つところに貼り紙が貼ってありますので、それらを探して歩くのも良いでしょう。
 
ポイントは、忙しくない時間帯を狙うことと、マネージャーに直接会うことです。笑顔で明るく、フレンドリーに頑張りましょう。
 

 
(2)ネットで求人を探す
メルボルンには求人サイトがいくつかあります。これらを毎日チェックして気になるお店があれば連絡して面接をしてもらいます。
 
・DENGON NET
http://www.dengonnet.net/melbourne/classifieds/employment
主に日本系の店舗の求人です。
 
・日豪プレス
https://life.nichigopress.jp/mel/work/
主に日本系の店舗の求人です。
 
・Gumtree
https://www.gumtree.com.au/s-jobs/c9302?ad=offering
現地の様々な求人を紹介しています。
 
注意したいのは常に求人をしている店舗。そのような店は、注意が必要です。気になる店があれば、面接の前に事前に店舗に行き、店の雰囲気をチェックしておくと良いかもしれません。
 
(3)友達の紹介
これが一番安心して良い職場につける方法でしょう。現地で友達をいっぱい作ってください。友達がどういうところで働いているのか聞いて、もし求人があれば紹介してほしい旨伝えておくと良いでしょう。
 
(4)インターンで働く
旅行会社や留学会社などでインターンを実施しているところがいくつかあります。無給にはなりますが、オフィスでビジネス英語を使って仕事をすることで自信にもつながる上、良い経験になりす。
 
無給でも自分の経験・スキルのために、働く人もいます。そのまま現地で採用ということも時にはあるようです。
 
今回は、オーストラリア・メルボルンでの仕事の見つけ方について紹介いたしました。オーストラリアは時給が良く(最低時給17.70ドル:2017年現在)、休日に働くとダブルと言って時給が2倍になったり、国民の休日に働く場合はトリプル(3倍)になることもあります。
 
加えて、チップがもらえるケースもあるため、しっかりと働けばある程度貯金ができます。
 
しかし、これはあくまで現地の優良店舗で働いた場合です。残念ながら、時給が安く、待遇も良くない店舗も少なくありません。特にアジア系の店舗は時給10ドル程度と低く設定されている店舗も目立ちます。
 
仕事を探すのは必ずしも簡単ではありません。それでも、貴重な経験となるのは必至。ぜひ明るくチャレンジしてみてください。
 
文:木村加奈(旅行ライター)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ メルボルン留学生の台所!なんでも揃う魅力満載のクイーン・ビクトリアマーケット
■ オーストラリアが誇る職業訓練校『TAFE』留学とは?
■ ぜんぜん内向きじゃない日本の若者たち【オーストラリア・パースの留学生編】
■ メルボルン留学生は図書館を使いこなそう!魅力満載の市内3つの図書館。
■ 女性に人気のオーストラリア留学


関連記事