【世界の大学レポート】ネルソン・マルボロ工科大学/ニュージーランド・ネルソン


仕事に活きる留学をしたい人にとって、ニュージーランドの工科大学やポリテクニックは実に心強い味方です。多岐にわたるコースを開講し、卒業後はすぐに戦力として活躍できる実力を身に付けるべく実践的なトレーニングが行われています。
 
今日は、ニュージーランド国内に16校ある工科大学・ポリテクニックのうちの1校、ネルソン・マルボロ工科大学(Nelson Marlborough Institute of Technology)をレポートしましょう。
 

 

 

ビジネスからIT、健康、海洋学まで幅広く展開される専攻

ニュージーランドのほぼ中央に位置するマルボロ地方にあるネルソン・マルボロ工科大学では、30に及ぶ仕事直結型の専攻コースを開講しています。
 
《2017年6月現在、生徒募集を行っている専攻》
■クリエイティブ
・デジタルデザイン&写真
・ビジュアルアート&デザイン
・インテリアデザイン
・ライティング
・音楽

■言語
・英語
・マオリ語
 
■第一次産業
・水産・養殖
・ワイン醸造&ぶどう栽培
・自然保護
・園芸
 
■ビジネス
・経営管理
・ビジネス
 
■エンジニアリング/建築/インフラストラクチャー
・自動車産業
・土木工学
・航空工学
・機械産業
・建築&建設
 
■旅行、ホスピタリティ&サービス
・アドベンチャー・ツーリズム
・小売業
・ホスピタリティ&調理
・旅行業
・ヘアドレッシング
 
■コンピュータ&IT
・コンピュータ&IT
 
■健康&公共サービス
・ビューティー&ボディセラピー
・看護学
・教育学
・社会学
・フィットネス
 
■海洋学
・海洋学
 
ニュージーランドの工科大学・ポリテクニックには、高校を卒業してすぐに進学する10代学生だけでなく、一度社会に出てから学び直す人や、仕事と並行して資格取得を目指す人も多く在籍しています。そのため、コースの種類は多岐に渡り、到達したいゴールや取得したい資格の種類によって選び方が異なります。
 

ベースは「学んでは実践、学んではインターン」

工科大学・ポリテクニックの強みは、国立ならではの充実した設備、そして、地域産業と密接にかかわった指導体制にあります。
 
本記事では、ネルソン・マルボロ工科大学の看板学部のひとつ、ワイン醸造学部を例にその中身をご紹介しましょう。
 
▼マルボロ地方はニュージーランドのワイン産業の中核地。実に国全体の生産量の7割以上がここで生産され、地域一体は140のワイン関連企業と530軒のブドウ農家を有します。

 

 
カリキュラムの構成には、地元のエキスパートも携わります。地元企業は同校の卒業生を戦力として期待しているため、インターンシップを含む実践トレーニングは必須。教室で学んでは練習、また学んでは働く、というルーティーンで徹底的に即戦力としての教育が施されます。
 
即戦力を輩出するためには、充実した教育環境も重要です。現場と同じ設備と機材を使ってトレーニングが行われます。
 

 

 
▼ワインテイスティングのクラスは机から壁、すべてを白色で統一。無臭・無色の環境を整えます。
 

▼同校を卒業し、現地のワイン企業で働くYUICHIさん(左)とHIROさん(右)。

2人のインタビューが「ぜんぜん内向きじゃない日本の若者たち【ニュージーランド編】」にあります。ぜひご覧ください。
 
留学生の場合、入学条件として英語力の証明が必要となります。最低でもIELTS 5.0以上、TOEFL iBT 35以上が求められますが、看護やソーシャルワークのコースなどに進みたい場合はIELTS 6.5~7.0が必要となるなど、専攻によって異なるので注意が必要。希望する専攻がどの程度の英語力を求めているのか、学校の「入学条件」ページで確認するのが良いでしょう。
(ネルソン・マルボロ工科大学 入学条件ページはこちら
 
《まとめ》ネルソン・マルボロ工科大学に向いているのはこんな人!
・留学を仕事に活かしたい人
・国立校の充実した施設で学びたい人。
・大都会よりも静かな環境で勉強に集中したい人。
・自然や緑あふれる環境に暮らしたい人。
・ワイン産業に関心があり、かつ英語で学びたい人。
 
ネルソン・マルボロ工科大学ホームページ https://www.nmit.ac.nz/
 
NZ特集TOPはこちら >> 『ニュージーランド留学/住んでみたい&注目したい厳選の留学先都市6選』
 
<< 前記事はこちら『【世界の語学学校レポート】キャンベル・インスティテュート/ニュージーランド・ウェリントン』
 
取材協力:
ニュージーランド大使館 エデュケーション・ニュージーランド
ニュージーランド航空
 

 
文: 若松千枝加(留学プレス編集長・留学ジャーナリスト)
この執筆者の記事一覧
 

 


関連記事