【リンク集】ヨーロッパ・クラシック音楽関連求人/オーディション/コンクール情報


クラシック音楽を志してヨーロッパに留学する学生や若手音楽家にとって、出来る限りの情報収集をすることはとても大事です。特にキャリアに繋がるコンクールやオーディションの情報は、常に最新のものをチェックしておくことがチャンスに繋がります。
 
今回は、それらの情報を数多く記載しているサイトを国別に、無料で利用できるものに絞ってご紹介します。
 
▼ナンシーのオペラ座 玄関ホール

 

イタリア

Cantare l’Opera
http://www.cantarelopera.com/
オペラ歌手のためのオーディションやコンクール情報に特化したサイトです。稀にオーケストラのメンバーやコレペティトールの募集も掲載されます。学生を対象にしたマスタークラスの紹介なども載っています。
 
イタリアには他にも情報サイトはありますが、このサイトが一番情報量が多く載っています。
 

ドイツ

(1) Bühnenjobs
https://buehnenjobs.de/
「全ての仕事」「舞台に立つ仕事」「舞台裏の仕事」「オーケストラ」のカテゴリーに分かれて、ドイツ全国の劇場関連の幅広い求人情報が掲載されています。就職先を探している人におすすめのサイトです。
 
(2) Vioworld
http://www.vioworld.com/jobmarket/
ドイツ国内の劇場関連の仕事全般に関する求人広告を掲載しているサイトです。学生向けのサマーセミナーやインターンの広告なども載ります。求人情報に関して言えば、情報量は上記のBühnenjobsには劣ります。
 

フランス

Cité de la musique
http://www.citedelamusique.fr/francais/annonces/liste_rubriques.aspx
楽器の売買に関する情報から音楽家の求人広告まで、フランスでの幅広い情報が手に入るサイトです。小さなアマチュア団体からの出演要請もあれば国立オペラ座の求人広告まで、大小様々な広告が出ます。
 

スイス

Schweizer Musikzeitung
http://www.musikzeitung.ch/de/inserate/stellen/inserate.html#.Wc_dUWi0PIU
「スイスの音楽新聞」という意味の名前の通り、スイス国内で音楽に関する情報を発信している新聞のネット版です。ここでは求人情報のページのリンクを記載します。更新の頻度は高くありませんが、月に一度は大量に求人広告が出るので定期的にチェックしておくと良いでしょう。
 

ワールドワイド

Musical Chairs
https://www.musicalchairs.info/
その名の通り、音楽関係の仕事の「席」に関する情報サイトです。演奏家としての音楽家だけではなく、教師の募集も掲載されています。ヨーロッパ諸国の募集からアメリカ、中国、日本の情報も載ることがあります。
 
求人情報、コンクール情報、学生のためのコースに関する情報など、幅広く掲載されています。
 
ワールドワイドな情報が集まっている分、掲載内容は少し大雑把で、小さい規模の団体関連の情報は記載されません。
 
▼ジェノヴァ カルロ・フェリーチェ劇場内部

 
最後に紹介したMusical Chairs以外は、いずれのサイトもその国の言語でのみ閲覧が可能です。語学に慣れないうちは読みづらく感じるかもしれませんが、言葉ができなければ応募しても合格するのは難しい、というのはどこの国でも共通して言えることです。言語の勉強も兼ねていると思って、根気強くチェックを続けることをおすすめします。
 
文:金子倫子(在ドイツ・メッゾソプラノ)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も参考にしよう!》
■ オペラの本場イタリアで声楽を学ぼう
■ イタリア音楽留学からプロの音楽家への道のりを近づける3つのヒント
■ 欧州で音楽家として仕事を得るなら。「エージェント」活用法《ドイツ編》
■ 若い音楽家や学生を支援するドイツの『バイロイト音楽祭』奨学制度とは?
■ 女性に人気のある音楽留学 


関連記事