留学前に知っておきたいメキシコの生活事情<衛生面>~Yu Larraz(メキシコ在住ライター)


こんにちは。メキシコ在住ライターのYu Larrazです。日本のスーパーで買い物をする時、「これは清潔かな」と思うことはあまりないかもしれません。しかしメキシコでは購入時に衛生面をよく吟味することは一般的なこと。
 
本記事ではメキシコ留学生活で病気にならないために知っておきたい大切な4つのポイントをお伝えしましょう。
 

メキシコでは水道水は飲まないで。料理に使う場合は5分以上沸騰を。

メキシコでは水道水は基本的に飲めません。徹底している人は料理にも使わず、洗った食器が乾燥しないうちはその食器を使うのさえ嫌います。一方で、5分以上沸騰すれば飲めないことはないと言って、飲料水として飲まなくてもスープなどの料理に使う人もいます。。
 
メキシコ人は飲料用の水は普通20リットルの飲料水ボトルを買います。このボトルは再利用ができ、次のボトルを買うときにお店に出せばボトルの値段を引いてくれます。
 

 
水はとても安く20リットルで約30ペソ(日本円で約200円)。また持ち運びに便利な6リットルのボトルもあるため、非力な女性には嬉しいところ。
 

 

路上のタコスタンドは人に勧められた場所のみに行くこと

メキシコ料理で最も有名な料理、タコス。メキシコには一般道で営業しているタコスタンド(タコスの屋台)が多くあります。観光地にあるメキシコレストランよりも屋台のタコスの方がずっとおいしいこともあるとはいえ、評判を知らない屋台で食べるのは少し危険。残念ながら清潔ではない屋台も多くあるからです。
 
メキシコ生活に慣れ、地元の人に清潔でおススメの屋台を教えてもらってからでもメキシコの本当の味を知るのは遅くありません。
 

 

スーパーの缶製品には要注意、必ず缶を洗ってから食べる

メキシコでは缶製品は倉庫にきちんと管理されていないことが多くあります。スーパーに並んでいるものは基本的に汚いと思っていた方がよいでしょう。
 
開け口がさびていたり、一部がへこんでいる缶も少なくなく、よく確認して選んでください。缶を開ける前に必ず一度水洗いするかタオルなどできれいにふくことも忘れないようにしましょう。
 

野菜や果物はスポンジで洗ってから食べよう

メキシコでは果物や野菜は日本のようにパック売りではなく、きれいに洗浄されていません。そのため、食べる時はスポンジに食器洗剤を少々つけ表面を洗ってから食べるのが一般的です。ブドウやイチゴ、レタスなどは消毒剤に浸してから食べます。
 

 
以上、メキシコ生活で気を付けたい衛生面の注意事項をお届けしました。健康なメキシコ留学を送るためにも、メキシコでの生活を始めたらぜひ気を付けてみてください。
 
文:Yu Larraz(メキシコ在住ライター)
この執筆者の記事一覧
 
 

 
 
《これらの記事も読まれています》
■ トランプ政権発足後、日本人のアメリカ留学が8.1%減少。
■ 「将来の職業に必要なスキルを身につけている」と考える日本の若者は世界平均の半分以下。調査対象13カ国中でもっとも低い結果に。
■ 千葉大学、メキシコやパナマの大学との交流プログラムで世界の都市問題を解決する人材を育成。
■ 成田-メキシコシティ間にANA直行便が就航
■ 女性に人気の留学プラン
 


関連記事