米国UCLAでの研修プログラム「エンタテインメントビジネスの未来」参加者募集


米国UCLAにて、将来のエンタテインメントビジネスについて考える1週間の集中講座「米国UCLAにおける短期研修プログラム:エンタテインメントビジネスの未来」が開催される。

公益財団法人ユニジャパンが経済産業省からの委託事業の一環として行うもので、米国西海岸の名門ビジネススクールUCLA Anderson School of Management (UCLA Anderson) の協力のもと、同大教授陣やハリウッドやシリコンビーチで活躍する業界関係者によるレクチャー、ワークショップ、カンファレンスへの参加等が予定されている。

▼UCLA

日程は2018年1月29日 (月) ~2月2 (金) で、場所は米国ロサンゼルス。プログラム参加費 (研修費) は無料(ただし、宿泊費及び交通費については自己負担)。現在参加者を募集している。応募締切は2017年12月17日 (日) 17:00必着。

UCLA Anderson内のコンテンツ教育機関Center for Management of Enterprise in Media, Entertainment and Sports (Center for MEMES) がサポート。シリコンビーチやハリウッドの業界関係者及びUCLA Andersonの教授陣から最新のビジネスシーンを学ぶレクチャー、新たなコンテンツビジネス企画の開発に取り組むグループワーク、Center for MEMESが毎年主催しているコンテンツビジネスイベント「Pulse Conference 2018」への参加等を通じて、未来のコンテンツビジネスについて学び、考えていくことを目的としている。

プログラムにおける現地講義の使用言語は英語のみとなり、通訳の随行はない。

<開催概要>
■研修期間
2018年1月29日 (月)~2月2日 (金)
現地集合:1月27日 (土)
現地解散:2月3日 (土)

■研修場所
University of California, Los Angeles (米国ロサンゼルス)

■主な実施内容

・UCLA Anderson教授陣及び業界関係者によるレクチャー
UCLA Andersonの教授陣や業界のプロフェッショナルをスピーカーに迎え、新たなコンテンツビジネスの潮流や、エンタテインメント業界におけるマーケティング及びデータ分析、リーダーシップ等について学び、議論する。

各日のレクチャーでは以下のようなテーマを取り上げる予定。
– アイデアを革新的なビジネスソリューションに落とし込む方法
– ハリウッドにおけるエンタテインメントマーケティング最新事例
– コンテンツ業界に参入する大手IT企業のエコシステム
– デジタル時代の視聴者データ分析手法
– ブランドとスポーツの関係: スポンサーシップとパートナーシップ
– ハリウッドにおけるプロデューサーによる企画・製作のプロセス
– AR・VRが生み出す新しいコンテンツジャンルとビジネス
– エンタテインメントビジネスにおけるリーダーシップ及び組織論

・コンテンツビジネス企画開発ワークショップ
「コンテンツ×イノベーション」をテーマに、参加者同士でチームを構成してビジネス企画の開発に取り組む。ハリウッドのスタジオやTVネットワークから提供された既存のIPをもとにして、その作品IPから得られる収益を最大化するためのフランチャイズビジネス戦略を考えていき、木曜日には、各チームが開発したビジネス企画のプレゼンテーションを行い、講師やハリウッドの業界関係者等から講評を受けるピッチセッションを実施。

・PULSE Conference 2018
今年で7年目を迎えたUCLA Anderson主催のワンデイイベント「PULSE Conference」への参加を予定。このイベントは、400名を超えるMBA学生、卒業生、そして業界プロフェッショナルが参加し、エンタテインメント、スポーツ、テクノロジー分野の最新トレンドや課題、今後の可能性について広く共有し、議論する場としての役割を果たしている。

・企業訪問
ブロックバスター作品、IPによるフランチャイズ作品を手がけている映画スタジオもしくはTVネットワークを訪問し、会社見学を行うとともに、エグゼクティブとのQ&Aセッションを行う。(20世紀フォックス社、パラマウント・ピクチャーズ社、Youtube社等と現在調整中)

・レセプションとネットワーキングパーティー

■参加対象者
– 新たなコンテンツビジネス企画を手がけようとしているプロデューサー
– コンテンツ分野における起業を考えている人
– コンテンツやテクノロジー関連企業における新規事業立ち上げ担当者
– ベンチャーキャピタル関係者 など

■募集人数
20名程度 (有識者及び事務局による書類選考)

■参加費及び往復交通費
プログラム参加費 (研修費) は無料。
ただし、宿泊費及び交通費については自己負担。

■主催
経済産業省、公益財団法人ユニジャパン

■詳細及び申込方法
https://producerhub.go.jp/information/event/20180129.html

(留学プレス)

 


関連記事