カリブ海でスペイン語留学。マヤ文化の町プラヤ・デル・カルメン(メキシコ)~Yu Larraz(メキシコ在住ライター)


メキシコに留学するのであれば、大学数の多いメキシコシティやモンテレイ、グアダラハラなどの大都市を選ぶという選択肢があります。それらの大都市もとても魅力的ですが、アクティビティが豊富でスペイン語も学べる、今メキシコで1番注目されている町がユカタン半島にあります。

その町の名前は「プラヤ・デル・カルメン(Playa del Carmen)」。

まず留学生にとって、もっとも嬉しいのがその安全性。全体的に治安状況が心配されがちなメキシコにあって、プラヤ・デル・カルメンの治安はその厳しい警護体制のおかげで比較的安定しています。

また、美しいカリブ海ではマリンスポーツを目いっぱい楽しめます。さらにマヤ文明に関心のある人なら、この地域一帯にあるマヤ遺跡は、ぜひとも訪ねたいところ。

のんびりと落ち着いて、そして文化的なスペイン語留学をしたい人注目の留学先、プラヤ・デル・カルメンをご紹介します。
 

カンクンからバスで45分の位置にある町プラヤ・デル・カルメン

日本人にはハネムーンで有名なカリブ海の町、カンクン。カンクンからバスで45分の場所にご紹介するプラヤ・デル・カルメンはあります。プラヤ・デル・カルメンは20年前に外国人の投資家が開発を始める前は、スーパーや銀行さえもない漁師の町として知られていました。

町はこの20年で急成長し、現在では国内で1番 ホットな旅行先のひとつとして知られています。国内からメキシコ人観光客が訪れるだけでなく、1年を通し世界中から多くの観光客が訪れています。

プラヤ・デル・カルメンの魅力の1つはカリブ海ですが、もう1つは町のメインアベニューであるアベニダ・キンタ(Avenida 5Ta)です。このアベニューは海からたったの2ブロック。

レストラン、カフェ、ブティック、お土産屋、デパートが何キロも続きます。お洒落なカフェやレストラン、お店が多く見ているだけでも飽きません。


Photo from Flickr Avenida Quinta (5th Avenue), Leonora (Ellie) Enking
 

町中心部の警察のパトロールが 厳しい

この町は観光業で成り立っているため、町の中心部では警察が24時間体制でパトロールを行っています。

メキシコと聞くと治安が悪いと考えがちですが、メキシコシティなどの大都市、メキシコ北部を除けば比較的治安の悪くない地方も多くあり、プラヤ・デル・カルメンも比較的治安の良い場所と言うことができます。


 

カリブ海でマリンスポーツを楽しむ

語学以外で楽しめるアクティビティの1つがマリンスポーツ。ダイビング、スノーケリング、カイトサーフィンなどに気軽にチャレンジできます。世界第2のダイビングスポットとして有名なコスメル島には、フェリーで簡単に行けます。

町にはダイビングショップも多くあります。ダイビングに興味のある方は語学留学中にダイビングコースを取ることも可能です。


 

マヤ遺跡に触れることができる

メキシコの歴史、文化を知る上で欠かせないマヤ遺跡を近くで見ることができるのもこの町の魅力の1つです。

プラヤ・デル・カルメン市内で気軽に尋ねられる小さめのマヤ遺跡のほか、本格的にマヤ遺跡を見たい方は週末にちょっと足をのばしてみましょう。プラヤ・デル・カルメンからバスで約1時間の距離でトゥルム遺跡に、約2時間の距離でコバ遺跡に、そして約3時間の距離でチェ・チェン・イッツア遺跡に到着です。


 

スペイン語学校は中心部に立地

プラヤ・デル・カルメンにはスペイン語を学べる語学学校がいくつかあります。

その中でも最も知られており人気のある語学学校のなかには、日本でもお馴染みのベルリッツ(Berlitz)、インターナショナルハウス(International House)、そしてプラヤリングア(Playalingua)があります。

いずれも中心部に立地しており、通いやすいのがメリットです。
 

住みやすさの秘密はたくさんの外国人居住者とおだやかな気候

観光客だけでなく外国人が多く住むこの町は地元の人も外国人慣れしているのもプラヤ・デル・カルメンの住みやすさにつながっています。

さらに、この地方は1年の殆どが暖かく、12月から2月までの数か月のみ涼しくなります。真夏は暑さが厳しくなるものの、1年を通して比較的過ごしやすい気候だと言えます。

以上、今日はプラヤ・デル・カルメン留学の魅力をお届けしました。おだやかな気候と市民、そして比較的安定している治安。遺跡の数々に恵まれた、豊かな文化と歴史。きっと、メキシコ留学の新しい魅力を発見できたのではないでしょうか。

文:Yu Larraz(メキシコ在住ライター)
この執筆者の記事一覧
 
 

 
 
《これらの記事も読まれています》
■ トランプ政権発足後、日本人のアメリカ留学が8.1%減少。
■ 「将来の職業に必要なスキルを身につけている」と考える日本の若者は世界平均の半分以下。調査対象13カ国中でもっとも低い結果に。
■ 千葉大学、メキシコやパナマの大学との交流プログラムで世界の都市問題を解決する人材を育成。
■ 成田-メキシコシティ間にANA直行便が就航
■ 女性に人気の留学プラン
 


関連記事