メキシコのリゾート地、 プラヤ・デル・カルメンの注目スペイン語学学校をご紹介。~Yu Larraz(メキシコ在住ライター)


スペイン語留学したい人たちの間で、注目されている街がメキシコのプラヤ・デル・カルメン。海沿いののんびりした生活環境や安定した治安状況、歴史と文化にあふれた魅力ある街並みなどを前記事『カリブ海でスペイン語留学。マヤ文化の町プラヤ・デル・カルメン(メキシコ)』で詳しくご紹介したプラヤ・デル・カルメンのスペイン語学留学情報として語学学校のご紹介をしていきます。

語学学校選びは学費の他にも、コースやアクティビティ、アコモデーションの有無など、全ての情報を入手し自分に最も適した学校を選ぶことが大切です。今回はプラヤ・デル・カルメンでも認知度が高く、歴史が長い語学学校を3校ご紹介します。
 

プラヤリングア(playalingua)

プラヤリングアは多言語コースを持つ語学学校です。設立は1999年。地元のメキシコ人には英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語を、外国人にはスペイン語のコースを提供しています。

学校の立地は非常に便利でカリブ海から徒歩3分、町のメインアベニューであるアベニダ・キンタ(Avenida 5ta)とアベニダ・ディエス(Avenida 10)の間にあります。

この学校が他の学校と違うのは、キャンパスが「ボスケ・カリブ・ホテル」というホテルと同じ敷地内にあることです。

ボスケ・カリブ・ホテルはメキシカン・カリビアンスタイルで規模の小さいブティックホテル。カリブ海地方特有の中庭で緑で囲まれており、毎日美しい庭園を眺めながらの通学です。プールやハンモックもあり、カリブ海の雰囲気を感じられるのも魅力。

スペイン語コースのスタンダードコースは月曜日から金曜日まで毎日4時間、1週間に20時間の授業があります。登録費と教材費は60米ドルで、4週目までは各週235米ドル、5週目からは210米ドルと多少安くなります。

また、集中コースは週に25時間と、週に30時間のコースがあります。週に25時間のコースにはスタンダードコース+1時間の個人レッスン、30時間コースはスタンダードコース+10時間の個人レッスンがつきます。

全てのコースは4~8人のグループクラスで、公式のスペイン語能力試験であるDELEに備えています。また、スペイン語以外も学びたいという方には、朝はダイビングに出かけ、スペイン語を夕方1日2時間学ぶスペイン語+ダイビングコースもあります。

週末には50米ドル~120米ドルのツアーにも参加できるので、スペイン語以外にもマヤ文化を学びたい、ユカタン半島を旅行したいという方には向いています。留学中は敷地内のホテルに泊まることもできますが、学校はホームステイのサービスも提供しています。

プラヤリングア(公式サイト)
http://www.playalingua.com/es/
 

インターナショナルハウス(International House Riviera Maya)

インターナショナルハウスは世界52か国に160の学校を持つ規模の大きい語学学校です。海から徒歩で3分と町の中心部に位置するプラヤ・デル・カルメン校では英語とスペイン語のコースを提供しています。

この学校の特徴は英語、スペイン語と共に公式な試験に力を入れていることです。英語の公式試験であるケンブリッジ試験や、スペイン語能力試験であるDELE試験もこの学校で受験できます。ご紹介する3校の中で最もアカデミックな学校です。

スペイン語の集中コースは月曜日から金曜日まで毎日4時間で1週間に20時間授業。グループは最大8人ですが、通常は5人ほどの小クラスです。

スペイン語のレベルを10レベルに分けてあり、全くの初級以外は毎週月曜日からコースを始められます。学費は4週目までは週に230米ドル、5週目から12週目は210米ドルと下がり、13週から26週までは更に安く週に195米ドルになります

また、ビジネスのスペイン語コースは、一般スペイン語の他にビジネスで使用するスペイン語を学べるコースです。集中コースにビジネスのスペイン語を学ぶ10時間のプライベートレッスンが追加されます。学費は集中コースの230米ドル+300米ドル/週です。

20時間の集中コースに10時間の試験対策プライベートレッスンが追加されるスペイン語+DELE試験コースもあります。学費は集中コースの230米ドル+300米ドル/週です。

集中コース20時間に10時間の個人レッスンが追加され、医学で使用するスペイン語を学ぶこともできます。この学校もプラヤリングアと同じく、ホースステイサービスを提供しています。

インターナショナルハウス(公式サイト)
https://www.ihrivieramaya.com/
 

ドン・キ・ホーテ(don Quijote)

この学校はスペイン語コースのみを持つスペイン語学校です。以前まではソレクシコ(Solexco)という学校名で知られていましたが、数年前に学校名をドン・キホーテに変更しています。

この学校も敷地内に学生がステイできる滞在先を備えています。立地は海から徒歩10分ほど。他の2校が最も観光客の多い町のど真ん中に立地しているのに対し、この学校はより静かな環境にあります。

集中コースは1週間に授業時間数15時間、20時間、25時間、そして30時間があります。学費は15時間コースが195米ドル/週、20時間コースが235米ドル/週、25時間コースが295米ドル/週、そして30時間コースが405米ドル/週です。

ホームステイ、敷地内の学生ドミトリー、学生同士でシェアするアパートと自分に合ったスタイルの滞在を選択できます。クラスは最大で8人、全てのレベルに対応しており、他の2校と同じくDELE試験対策が含まれた授業を提供しています。

ドン・キホーテ(公式サイト)
https://www.donquijote.org/learn-spanish-latin-america/mexico/playa-del-carmen/
 

リラックスした雰囲気でスペイン語を学ぶ

ご紹介した3校は全てDELE試験対策がされています。また滞在サービスも充実しており、立地がとても便利。

スペイン語以外のコースが充実している学校と、よりアカデミックな学校とそれぞれ違いがあるものの、カリブ海の雰囲気もあり、どの学校もリラックスムードを大切にしています。

大都市にある語学学校とくらべて、こじんまりしつつも、すぐにクラスメートと打ち解けられそうなプラヤ・デル・カルメンの語学学校。ぜひ自分の目的や性格に合う学校を見つけて、プラヤ・デル・カルメンでのスペイン語語学留学を有意義なものにしてください。

※記事内の情報は2018年1月現在の公式サイト掲載情報による。

文:Yu Larraz(メキシコ在住ライター)
この執筆者の記事一覧
 
 

 
 
《これらの記事も読まれています》
■ トランプ政権発足後、日本人のアメリカ留学が8.1%減少。
■ 「将来の職業に必要なスキルを身につけている」と考える日本の若者は世界平均の半分以下。調査対象13カ国中でもっとも低い結果に。
■ 千葉大学、メキシコやパナマの大学との交流プログラムで世界の都市問題を解決する人材を育成。
■ 成田-メキシコシティ間にANA直行便が就航
■ 女性に人気の留学プラン


関連記事