アメリカ留学・奨学金プログラム 「2019年度 フルブライト奨学生」募集開始


日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)は、日本人を対象としたアメリカ留学の奨学金プログラム「2019年度フルブライト奨学生」の募集を4月1日から開始する。同奨学金は日米間のフルブライト奨学金制度は65年以上の歴史を持つ。

応募方法はオンラインのみ。応募期間は2018年4月1日の12:00から2018年5月31日の24:00。


 

2019年度フルブライト奨学金プログラム概要

対象となる学術分野は、米国および日本、さらにはグローバル社会に関連した人文・社会科学、あるいは学際的な学問分野であること。自然・応用科学分野に関連する研究計画の場合は、人文・社会科学分野を主眼とした学際的研究で、かつ政策、社会、または倫理に関わるもののみ応募対象になる。

■大学院留学プログラム
学業面および人格面で優れた者に米国大学院での研究の機会を与える。米国の大学院博士課程・修士課程に正規の学生として在籍し、学位取得のための科目履修を行う。

■大学院博士論文研究プログラム
日本の大学に博士論文を提出することを目的として、米国の大学で単位取得を伴わない研究を行う。大学院レベルのゼミを聴講することはできるが、単位取得のための科目履修は出来ない。

■研究員プログラム
大学教員、政府機関あるいは非営利研究機関勤務者を対象とし、米国の大学等で各自テーマに沿って、単位取得を伴わない研究を行う。

■ジャーナリストプログラム
経験5年以上の現役ジャーナリストを対象とし、米国の大学等で各自の研究テーマに沿って、単位取得を伴わない研究を行う。ジャーナリストとしての技術面の研修は不可。

(留学プレス編集部)

 


関連記事