日本政府、今後5年間でアジアの高校生1000人を招へい。受け入れホストファミリー募集。


日本政府は平成30年度から、日本に関心を持ち日本語を学ぶ意欲のある優秀なアジアの高校生たちを10か月間日本に無償で招待する「アジア架け橋プロジェクト」を開始する。実施団体の公益財団法人AFS日本協会(実施団体は文部科学省による公募で決定)は学生らが滞在するホストファミリーを募集している。

同プロジェクトでは今後5年間にアジア20か国から1000人の高校生が来日。全国の高校に通い、日本人高校生と国際交流を深めることになる。初年度となる今年は8月末から100人が約半年間、寮やホストファミリーのもとで生活しながら学校に通う。
 

平成30年「アジア高校生架け橋プロジェクト」概要

<スケジュール>
・4月~
現地選考、 来日前オリエンテーション等

・8月中旬
来日。到着後オリエンテーション等。

・8月下旬~2月中旬
日本各地でホームステイまたは寮生活をしながら、日本の高校で勉強。休日には文化体験、地域交流等を予定。

・2月中下旬
帰国

<招へい予定者>
・日本語を学ぶアジア諸国の高校生100名
対象国は中国、韓国、モンゴル、タイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、フィリピン、インドネシア、スリランカ、インド、ネパール、パキスタン、ブータン、バングラデシュ、モルディブの計20か国を予定。

・ホストファミリー募集URL
公益財団法人AFS日本協会
https://www.afs.or.jp/hosting/

(留学プレス)


2018-04-18 | Posted in ニュースNo Comments » 

関連記事