【スウェーデン留学】多忙な現代人にこそ必要。スウェーデンのブレイクの文化「FIKA」を知ろう。~梶原茉結(スウェーデン留学ライター)


締切に追われる仕事や、提出間近の課題、終わりそうだと思うと入ってくる新しいメール。子育て中のご家庭なら、一瞬でもお子さんから目を離せないこともあるでしょう。

現代人の日常は多忙です。そんな日々のなか、みなさんは、ひと息つきたいくなったら何をしますか?

今日は私が暮らしていた北欧スウェーデンから、コーヒーを片手にスイーツを食べながらリラックスするスウェーデンならではの文化、「FIKA(フィーカ)」をご紹介します。忙しい時間を送る方々にこそぜひ知っていただきたい文化です。

スウェーデンに留学する人ならば必ず誰もが経験することになる「FIKA(フィーカ)」。スウェーデンの人たちがとても大切にしていて、人生を豊かにするリラックス文化です。
 

カフェやお家、夏のならテラスや芝生の上で。

FIKAとは、スウェーデンで大切にされているコーヒーブレイクの文化です。

FIKAの相手は家族、恋人、友人問わず、また一人でコーヒーブレイクをするときもFIKAと言います。

カフェやお家、夏の天気がいい日であればテラスや芝生の上など場所も問いません。

コーヒーブレイクとは呼ばれていますが、コーヒー以外に紅茶やジュースを手にしてもFIKAです。筆者はコーヒーが苦手なのでいつも紅茶を飲んでいました。

飲み物と一緒にクッキーやフルーツ、ケーキなどの甘いものを添えるのが一般的です。

このように、広義に使われている「FIKA」という言葉ですが、動詞としても名詞としても使えます。

例えば、英語で誰かをFIKAに誘いたいとき、友達を誘うのであれば

「Let’s have FIKA!」
「Let’s FIKA!」
(FIKAしようよ!)

とフランクに。

少し丁寧に言いたいときは

「Would you like to have FIKA?」
(FIKAしませんか?)

というように声をかけて誘ってみましょう。
 

FIKAの時には欠かせない、スウェーデンのスイーツ3選

1.シナモンロール(kanelbullar)

スウェーデン語でKanelbullar(カネルブッレ)と呼ばれる、シナモンロールです。

日本でよく見るお砂糖のコーティングがかかったものとは少し違います。
カルダモンが練りこまれた生地に、シナモンパウダーとお砂糖をたっぷり塗ってぐるぐると巻いた状態で焼かれます。

「スウェーデンといえばこれ」と言われるような代表的なスイーツです。

2.チョコレートボール(Chokladboll)

スウェーデン語ではChokladboll(ホクラッドボル)と呼ばれているスイーツです。英語に直訳するとChocolate ball(チョコレートボール)です。

オートミール、ココアパウダー、バター、砂糖を混ぜて冷蔵庫で固めて作られます。周りにはココナッツフレークまたはパールシュガーと呼ばれる大粒の砂糖がまぶされます。

大きさは大体直径5cm弱。あまり大きなスイーツではないので少し小腹が空いたときにつまむのにちょうどいいサイズです。

3.ブダペストバーケルセ(BudapestBakelse)

最後に紹介するのは、BudapestBalekseというメレンゲケーキです。

メレンゲ生地の中に生クリームとアンズやオレンジのジャムが入っています。トッピングにはチョコレートがかけられます。

やわらかく、口どけの良いケーキです。

どのスイーツの写真もたくさんある中のほんの一例です。
お店によって個性がありますので、ぜひお気に入りを探してみてください。

また、どれも家庭でも作られるスイーツですので、日本でスウェーデンの味を試してみたい方やスウェーデン留学中に作ってみたい人はぜひ挑戦してみてください。

FIKAは色々なシチュエーションで活躍します。

仕事の合間に同僚とFIKA。
学校の休み時間にクラスメイトとFIKA。
家族と家でくつろぐときにFIKA。

また、少し気になる人がいるけどデートに誘うのはハードルが高い、もっと相手のことを会話を通じて知ってみたいというときにもFIKAは使えます。

ちょっとのんびりして、穏やかな気持ちになりたいな・・・。

そんな風に感じたときには、ぜひ日本にいる方でも、北欧スウェーデンの空気や空を思い浮かべながら、FIKAという文化に触れてみてください。

文:梶原茉結(スウェーデン留学ライター)
この執筆者の記事一覧
 
 


2018-10-22 | Posted in スウェーデン留学No Comments » 

関連記事