オーストラリアのワーキングホリデー、最長3年の滞在が可能に。


オーストラリア政府は2018年11月5日付けで、ワーキングホリデーメーカー(WHM)ビザプログラムの変更を発表した。

日本国籍保持者は2019年7月1日以降、2年目のワーキングホリデー中に指定された地域で6ヶ月間の仕事をすることにより、3年目のワーキングホリデービザ取得申請が可能になった。また、同じ農業(植物や動物の栽培)の雇用主に滞在できる期間が12ヶ月間に延長された。

今回の変更により、オーストラリアは日本国籍保持者がワーキングホリデービザで滞在できる最長の国となる。

オーストラリア政府は、この変更の目的は、オーストラリアの季節労働人材の不足をワーキングホリデーメーカーの数を増やすことにより対応していくこととしている。また、ワーキングホリデーメーカーにとっても、オーストラリアで従来より長い期間滞在し働くことができるという点が魅力的であるとしている。

なお、今回の変更により、カナダとアイルランドからのビザ申請者の申請上限年齢が35歳に引き上げられたが、日本国籍保持者には適用されない。ワーキングホリデービザの上限年齢引き上げについては、2016年9月に35歳への年齢制限引き上げ説がインターネットを中心に流布したことがあったが、今回の政府発表においても引き続き日本国籍保持者の申請年齢制限(18歳から30歳まで)に変更はない。

参考記事:オーストラリアのワーキングホリデー年齢「35歳へ引き上げ」説がインターネット上に流布するも、公式発表いまだなし。

(留学プレス)


関連記事