イタリアでバールに行こう!~バールから始まるイタリアの生活~ばあんのりこ(ライター)


イタリアならどんな小さな町にも必ずある、イタリアンスタイルのカフェがバール(Bar)です。美味しいコーヒーを飲むだけでなく、朝食をとったり、お店の人と世間話をしたり。バールは、イタリア人の生活にとって欠かせない存在です。今回は、バールでの注文やメニュー、楽しみ方のコツをお話しします。


 

「立ち飲み料金」と「席料込み料金」

イタリアの朝食は、ビスケットやカップケーキなどの軽い食事が主流です。その代わりバールで、ブリオッシュ(Brioche)と呼ばれる菓子パンと、カプチーノやコーヒーを飲みながら、午前の休憩をとる人を多く見かけます。

バールでは飲み物の他に、パニーノ(Panino)やスイーツなどを、手軽に食べることができます。小腹が空いたときやおひとり様の軽食にもで便利です。

また、バールでは、カウンターで立ち飲みする場合のアル バンコ(al banco)と、テーブルに座るアル ターヴォロ(al tavolo)で料金が違う場合があります。さっと飲み物だけ飲む場合は立ち飲みで、軽食をとりながら、ゆっくりしたい場合は、着席して飲食することが可能です。

お店の料金表には、「立ち飲み料金」と「席料込み料金」、2種類の料金表があるので、好きな方を選びましょう。
 

注文方法は、まず、笑顔であいさつから

お店に入ったら、まず「ボンジョルノ(Buon giorno)」、「チャオ(Ciao)」とあいさつをしましょう。マナーのひとつですし、自分の存在を知らせることで注文しやすくなります。

それから、「~をください(Mi da ~/Vorrei ~) 」と注文してみましょう。

一般的に、レジで注文、支払いを済ませる際に、立ち飲みか着席するかを選ぶことになります。大きなバールでは、支払い済のレシートを見せて、注文した飲食物と交換することもあります。

レシートを見せる必要のない場合でも、イタリアでは、お店からお客さんにレシートを渡すことが義務付けられているので、レシートは受け取りましょう。
 

バールの飲み物メニュー

それでは、代表的なバールの飲み物メニューを見てみましょう!

カフェ(Caffè):エスプレッソコーヒー。イタリアで一番、一般的なコーヒーです。
・カプチーノ(Cappucino):エスプレッソコーヒーに泡立てたクリーム状の牛乳を加えたコーヒー。シナモンやココアをかけて飲むこともあります。
カフェ ルンゴ(Caffè lungo):エスプレッソにお湯を足したアメリカンコーヒーのようなものです。
カフェ ラッテ(Caffè Latte):エスプレッソコーヒーに温かい牛乳を加えたもの。
カフェ マッキアート:(Caffè macchiato):エスプレッソコーヒーに泡立てた牛乳をほんの少量だけ加えたもの。マッキアートとは、シミの意味で、コーヒーに牛乳のシミがついた、ということになります。
ラッテ マッキアート(Latte macchiato):温かい牛乳にエスプレッソコーヒーをほんの少量だけ加えたもの。
テ(Tè):紅茶
スッコ ダランチャ(Succo d’arancia):市販されているオレンジジュースのこと
スプレムータ ダランチャ(Spremuta d’arancia):生絞りのオレンジジュース
アクア ガッサータ(Acqua gassata)/ フリッツァンテ(Frizzante):炭酸水
アクア ナトゥラーレ(Acqua Naturale):ミネラルウォーター
 

トイレを借りるときもバールが便利

イタリアの町でトイレに行きたくなったら、バールに行くことも頭に入れておきましょう。コーヒーを飲んで、トイレを借りることができます。ドアは施錠されているケースが多いので、スタッフに一声かけて使いましょう。

行きつけのお店ができると、お店のスタッフだけでなく、常連さんとも顔見知りになり、楽しいものです。ぜひ、学校や職場、自宅の近くにお気に入りのバールを見つけてみましょう。

文:ばあんのりこ(ライター)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も読まれています》
■イタリア人は意外と心配症。イタリア特有の迷信事情。
■ 今日からできるイタリアでの防犯対策
■海外でホームパーティを楽しむには
■知っておきたい欧米でのビジネスマナー・基礎の基礎
■ 女性に人気のあるイタリア留学


関連記事