【世界の大学レポート】サセックス大学(University of Sussex)/イギリス~シブカワサキ(イギリス学部留学生)


イギリスのリゾート地と言われているブライトン。この海辺の街からバスで15分ほどの場所に、広大なキャンパスを持つのがサセックス大学。イギリスにある大学の中で唯一国立公園の中にある大学です。

留学生の受け入れを積極的に行っている大学で、インターナショナル生が沢山学んでいるのが特徴のひとつです。

サセックス大学は1961年に設立されました。イギリス国内では比較的新しい大学であるにも関わらず国内での評価は高く、特に国際開発の分野では国際的に高い評価を受けています。

今回は私が学部生として国際開発を学んでいるサセックス大学を紹介します。


 

サセックス大学で学べる学部

サセックス大学は大きな総合大学。人類学、英文学、ビジネス、コンピューターサイエンス、国際関係学、薬学部、社会学など専攻できる教科が幅広くあります。

1つの専攻でも2つの教科を主専攻と副専攻のように取ることもできます。そのため例えば、国際開発学と経済学、国際開発学と言語学、といった学び方が可能です。

特に日本でも知名度が上がっているのが国際開発の分野。サセックス大学では人気の学部の1つです。大学のキャンパス内にある大学院、国際開発機関 (IDS)はこの分野では特に有名な学校です。

リサーチなどをする時にはどの学部の生徒もよく図書館を訪れています。そのため、どの学部で学んでも勉強するには最適な環境が整っています。

▼学内の図書館。様々な学部があるため、大きな図書館ではそれぞれの学部に関する本がセクションごとに置いてあります。

サセックスの大学生は課題の提出のため、リーディングを沢山します。

課題の提出前になると、多くの学生が図書館で勉強するため、学生証があれば図書館を24時間利用することができるようになっています。
 

留学生が多いキャンパス

サセックス大学には16,000以上の学生がインターナショナル生として勉強しに来ています。ここでは色々な国、様々なバックグラウンドを持つ学生に出会うことができます。

▼キャンパスのカフェテリアや小さなマーケットでは、色々な国の料理を食べることができます。

大学には日本の大学のサークルみたいなもので、ソサエティーというものがあります。その中には特定の国のソサエティーもあり、全学生向けにサルサナイトを催すなど、その国に関連したイベントの企画などをして活動をしているところもあります。

価値観や文化の違う人たちと共に学び生活することによって、新しい発見をすることができます。学校主催の、留学生が自分の国の料理を持ち寄って開かれるイベントなどもあり、沢山の文化に触れることができるのもサセックス大学の特徴です。
 

寮での生活

サセックス大学にはキャンパス内の9 つの寮を含めキャンパス外にも沢山の寮があり、1年目ではキャンパス内またはキャンパス外どちらかの寮に住むことができます。

寮は基本的に一人部屋がほとんどで、バスルームが自分の部屋に付いているところや、キッチンとバスルームどちらも共有するというところなど寮の種類によって異なるタイプがあります。

キャンパス内では各寮にレセプションがあります。何か困ったことがあった時や、大きな荷物が届いた時にはレセプションへ行きます。

学生はスーパーからの配達を頻繁に利用します。、アマゾンロッカーがキャンパス内に何箇所か設置されているので、オンラインで何か注文した時の受け取りはすごく簡単です。
 

便利なアクセス

サセックス大学のキャンパスから中心街、ブライトンへ行くにはバスか電車を使います。

バスはキャンパス内を走っているので、キャンパス内の寮に住んでいると、近くのバス停から乗り降りすることができます。さらに、バスは24時間走っているので、帰りが遅くなってもナイトバスを使って帰ることができます。

電車を使う場合でも10分に1本ほど出ています。一度電車に乗ってしまえば10分ほどでブライトンの中心地に出ることができます。

ロンドンへも1時間30分ほどで着きます。週末の休みを使いロンドンへ遊びに行く学生も多いです。

どちらの交通手段も学生割引があるのでサセックスの学生は少し安くチケットを買うことができます。

以上、イギリスのサセックス大学についてのレポートをお届けしました。

イギリス人学生だけでなく、さまざまなバックグラウンドを持つ学生と交流し、将来につながる友情を育みたい人はもちろん、将来国連や開発機関、政府機関などで仕事をしてみたい人にとって、サセックス大学の開発学部は魅力あふれる学部であるに違いありません。
様々な文化が交わる、田舎すぎず都会すぎない落ち着いた環境で学びたいという人は注目してみてはいかがでしょうか。

サセックス大学のホームページ
https://www.sussex.ac.uk

文:シブカワサキ(イギリス学部留学生)
この執筆者の記事一覧
 

 
 
《これらの記事も読まれています》
■ 途上国開発を志す人は注目。イギリス・イーストアングリア大学レポート。
■ イギリス・一日プチ料理留学。実際の教室の潜入レポート!
■ 学生優遇のイギリス。日本より恵まれているイギリス大学留学3つの『学割』。
■ イギリスの生活費を賢く節約!知って便利な英国のセール事情とセール英語。
■ 女性に人気のイギリス留学


関連記事